2分でわかるアメリカ

2012/11/13スパイの愛人はスーパーウーマン


週末に「007Skyfall(スカイフォール)」を観ました。初回から50年、シリーズ23作目となった作品は、イスタンブール、上海、マカオ、ロンドン、そしてスコットランドを舞台に、イギリスの諜報機関MI6の長官Mと007の人間関係がテーマです。クラシックなストーリーで面白かったです。おすすめです。ボンドガールはフランス人のベレニス・マーロウさん。登場時間は短かったのですが、今回をきっかけに世界で注目されるスーパーガールに仲間入りしました。

「スカイフォール」がアメリカで公開されたのは先週金曜日の9日。偶然ですが、本物のスパイと愛人の話題がメディアのトップニュースとなりました。

日本でもニュースになりましたが、MI6の兄弟ともいえるアメリカの中央情報局、いわゆるCIAのペトレイアス長官が不倫を理由に辞任しました。結婚生活が37年になるのに不倫したことは、「大きな過ちを犯した、夫としてもCIAのトップとしても容認できない」とする声明を職員宛に発表しました。メールがきっかけでFBIは不倫に気付きました。陸軍出身のペトレイアス長官は勤勉でまじめな人物として知られていただけに、全米に衝撃となりました。

スパイの大ボスと不倫したのはポーラ・ブロードウェルさん。ペトレイアス氏の伝記『All In』を書くためアフガニスタンに1年間滞在、この間に深い関係になったようです。

アメリカのメディアが伝えたポーラ・ブロードウェルさんのプロフィールは、まさに「ボンドガールのイメージ」そのものでした。高校では学園祭の女王で卒業生総代、ウエストポイント(陸軍士官学校)ではフィットネスのチャンピオン、そしてハーバードの名門大学院ケネディ・スクール卒という凄い経歴。さらにバスケットボールはノース・ダコタ州代表で、オーケストラのコンサートマスターもこなし、しかも美人というスーパーウーマンです。

映画館に行く前にポーラ・ブロードウェルさんの情報がネット上に広がったため、ボンドガールのベレニス・マーロウさんと重ね合わせてみていたのは僕だけではないかもしれません。 

[NOVEMBER 12, 2012] No 0105147
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ