2分でわかるアメリカ

2012/11/03「日本の常識は世界の非常識」4


10月28日から29日にかけて米国東海岸を襲ったハリケーン「サンディ」は大きい被害をもたらした。ニュージャージー州全域とニューヨーク市周辺では、多くの住宅が冠水、地下鉄やトンネルなどに海水が流れ込んだ。800万世帯以上が停電、完全復旧までには1カ月以上かかるとみられ、経済的被害は500億ドルを超える可能性がある。

認識論学者のナシーム・ニコラス・タレブ氏は、予想を超えた極端な事象を「ブラック・スワン」(黒い白鳥)と呼んだ。「サンディ」の被害はこれに相当する。冬が近い10月末に人口が密集する資本主義の都を夏型のハリケーンが直撃したからだ。

今回のブラック・スワンでは、米国の危機管理能力が光った。被害が大きかったニュージャージー州のクリス・クリスティ知事、そしてニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、コマンダーとしての指導力を発揮した。多くの州民の命と生活を守った

特に、クリスティ知事は、被災地に何度も足を運び、前線で州職員らに対応・対策をその場で指示した。CNNをはじめとするニュース・メディアにも積極的に現地から出演、いかに状況を正確に把握しているかが滲み出ていた。どういう対応をとっているかを自分の言葉で話した。知事の言葉には重みがあった

オバマ大統領も現地に飛んだ。再選の行方が微妙になっている中、オバマ政権の政策を批判していたクリスティ知事をサポートした。2008年に米南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の教訓も生きた。

日本はどうか。2011年3月11日の東日本大震災での菅直人首相(当時)の対応、復旧や原発事故の対応を引き継いだ野田佳彦首相の対応は「迷走」の一言に尽きる。記者会見はメモを棒読み、言葉の重みがない。際どい質問には官僚が答える。国民の命が脅かされているのに原発・放射能対策で明確な方向が未だ見えない。被災者の不安な気持ちを思うと胸が痛む。

日本ではブラック・スワンの際、首相や大臣がジャンバーを着る。現場に行かず、執務室にいる時も何故か着る。見てくれよりも指導者としての中身が大事なのに。メディアは、ジャンバーを着た権力者と避難所の炊き出しばかりに注目する。

 企業も同様だ。ハリケーン「サンディ」の被害を受けたマンハッタンにある金融機関や大手企業の経済的ダメージは限定的だった。同時多発テロなど幾度かのブラック・スワンを経験したため企業のリスク管理が徹底されている。企業の命であるデータを収めたサーバーは西海岸や海外に分散している。 

日本企業はどうか。東京に一極集中する日本企業は、2011年の地震の直後こそ「リスク管理」を意識したが、実際に対策に動いた企業は多くない。問題は先延ばし。いつ首都圏を大地震が襲うかもしれないのに。

問題先延ばしが常識の日本。ブラック・スワンを経験するごとに危機管理を強化する米国。先延ばしは徹底的に批判される。日米ギャップは広がりこそすれ、縮まることはない。日本は、ジャンパーを買う予算で危機管理の専門家を雇った方がいいかもしれない。

[NOVEMBER 02, 2012] No 0105142

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.23 更新当たったらビリオネアアメリカでは州によって宝くじのルールが異なりますが、多くの州で販売されている「メガミリオン」の1等(ジャックポット)賞金が過去最高になり話題を集めています。メガ…
  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ