2分でわかるアメリカ

2010/05/252004年相場との類似性


歴史は繰り返す」(History repeats itself)とは、ドイツの哲学者ヘーゲルの言葉です。「今年のアメリカの株式相場は2004年と類似していると指摘するアナリストが少なくありません

 今年はじめから4月末までにアメリカの株式相場は金融危機が続いていた2009年の安値から70%上昇しました。2004年には、ITバブル崩壊の後遺症が残る2002年から2003年の安値から45%相場が上がりました。 
2つ目の共通点は、金利の状況です。連銀(FRB)は2004年に、1年間継続した1%の金利誘導目標を0.25%引き上げました。連銀は現在、0〜0.25%という歴史的な超低金利を継続中ですが、市場関係者のおよそ半分は、「今年の11月ごろにも連銀が金利の引き上げに動くのではないか」と見ています。2004年も2010年も中国が引き締めに動いています。

3つ目の共通点は選挙です。2004年には大統領選挙が実施され、ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を果たしました。今年11月には大統領選挙ではありませんが、事実上、オバマ大統領の信任投票ともいえる中間選挙が実施されます。

アメリカの株式相場は、ギリシャ発のヨーロッパ債務危機をきっかけに、ダウやS&P500などの主要株価指数は4月末の高値からおよそ10%下落しました。歴史的にみると、ブル(強気)相場は、一定の上昇後に10%調整、または下落し、その後再び上昇トレンドに戻ります。2004年も5月の中旬までに調整した後、上げに転じています。

2004年と今年が異なるのはヨーロッパ債務危機というワイルドカードの存在です。別の言い方をすれば、ヨーロッパの債務危機の問題がなければ、今年は非常に先が読みやすい相場だったのかもしれません。オバマ大統領は、水面下でドイツやフランス、スペインなどと連絡を取り、自分たちでコントロール出来ない問題の解決に協力する姿勢を明確にしています。歴史は繰り返すのか、それとも新たな歴史の1ページが開かれるのか、ヨーロッパの債務危機の行方にかかっているのかもしれません。

[May 24, 2010] No 010161

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ