2分でわかるアメリカ

2012/10/03警察がみている


友人のバリーの自宅に以前、警察から少し厚めの封筒が届きました。びっくりして封を切ると、写真が4枚入っていました。ビバリーヒルズの交差点を一時停止せずに右折した証拠写真です。バリーの顔とクルマのナンバーがはっきり写っていました。バリーは、直ぐに日本円で5万円程度の罰金を払いました。

バリーの交通法規違反の証拠は、交差点に設置された監視カメラが撮影したものですが、もっと多くの写真データを警察が持っていることがウォール・ストリート・ジャーナルの調査取材で明らかになりました。

それによりますと、アメリカの警察の約3分の1はパトカーに特殊なカメラを搭載、走行中にすれ違った全てのクルマのナンバー・プレートのデータを全て保存しているということです。駐車中のクルマも同様です。つまり、警察は市民がどこに行ったか、どこにいるかを全て把握しているということです。  

具体例として、ロサンゼルスとサンディエゴの間にあるリバーサイド郡のサンディードロ市の全てのパトカーにはカメラが搭載されています。市内に住む男性が公開された情報にアクセスしたところ、男性が保有するクルマの写真が112枚もあったそうです。男性の小さい娘がクルマから降りる写真も1枚ありました。

この男性は犯罪者でも容疑者でもありません。警察は、カメラを搭載しているのは、容疑者や違反罰金を追跡するのが目的で、それ以外に使用することはないと主張しています。しかし、当然、「プライバシー」が問題になります。

旧ソビエト時代、KGBが市民の行動をすべて監視していたとされています。FBIなどの保安当局はKGBとは性格が異なりますが、テクノロジーにより同様のことをしていると批判される可能性があります。ウォール・ストリート・ジャーナルの記事は、多くのメディアに転載されていて、大きな議論を呼んでいます。

[October 02 2012] No 0105120

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…
  • 2018.09.18 更新ITで稼いでアナログを買う※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのメディア大手メレディスは16日、ニュース誌「タイム…
  • 2018.09.15 更新UHNWIでみる富の移動※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争に内外の懸念が高まる中、トランプ大統領は強硬姿…
  • 2018.09.14 更新オクトーバーサプライズ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「October Surprise(オクトーバーサプライズ)…
  • 2018.09.13 更新ユーロ基軸通貨構想※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)EUのユンケル委員長がユーロの国際的役割を拡大させると主張し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ