2分でわかるアメリカ

2012/09/28駐車もスマート


地元の話で恐縮ですが、我が家が住むサンタモニカで駐車メーターを巡る話題が盛り上がっています。

サンタモニカ市は今年5月、新型の駐車メーター6000台を市内に設置しました。センサーと通信するハイテクメーターです。駐車するクルマの動きを監視して、クルマが移動すると時間が残っていてもメーターがゼロに戻る仕組みです。  

また、残り時間が少なくなるとスマートフォンに警告テキストを送ることも出来ます。実際に試したことはありませんが。支払いはクレジットカードかコインで、最低20分間、場所によっては最大10時間まで駐車時間を選ぶことが出来ます。正面にソーラーパネルが付いていて、太陽光で発電するため省エネです。

サンタモニカ市は電気や水道のメーターを今年までに「スマート化」しましたが、駐車スポットも「スマート・メーター」にしたということです。

何時間も駐車し続けることが出来ないため、サンタモニカ市は駐車スペースが従来より空く率が高まったとしています。また、スマート・メーターによって、サンタモニカ市は年に170万ドル(約1億3000万円)の歳入増を見込んでいます。時間を超えるとスマート・メーターは赤いランプが点灯、78ドルの罰金が科せられます。

市にとっては良いことずくめなのですが、地元の住民には不評です。例えば2時間の料金を払い1時間で出てしまった場合に返金されないほか、コインを足したりクレジットカードを使って追加料金を払うことが出来ないからです。

市を訴える人も出てきました。コミュニティ紙によりますと、サンタモニカの住民が「スマート駐車メーターから放出される放射線が有害で耳鳴りや肩こりの原因になっている」として損害賠償を起こしたのです。これに対して市は、「メーターとセンサー感の近距離でしか通信しないため、人的影響はない」として反論しています。別の住民も類似した訴えを起こしました。

無線通信、スマート・メーターは時代の流れですが、訴訟が起きるのはアメリカならではだと思います。

[SEPTEMBER 27, 2012] No 0105117

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ