2分でわかるアメリカ

2012/08/30デイ・トレーダーってまだいるの?


「デイ・トレーダーという言葉は日本では死語」と東京にいる知人から聞きました。アメリカではどうか。調べてみました。

「デイ・トレーダー」とは、短時間で何度も売買をすることで生活資金を稼ぐ人の総称です。証券会社や投資銀行の自己売買部門のトレーダーも含まれますが、一般的には自宅のパソコンなどで売買することを職業としている個人のことを言います。

 1990年代にチャールズ・シュワブが格安の株式売買手数料を提供したことで火がついたとされています。1999年の新聞記事を読むと、当時約500万人のデイ・トレーダーがいて、ナスダック市場の売買高の15%を占めるまでに膨れ上がりました。 

オール・テック・インベストメントやモメンタム証券など多くのデイ・トレーダー専門会社が全米にオフィスを開設。ニューヨーク株式市場が閉まる東部時間午後4時までの6時間半に、2000回も3000回も売買を繰り返すデイ・トレーダーは社会現象にまでなりました。

しかし、2000年の「ドットコムバブル」で状況が一変しました。右肩上がりだった株式相場がクラッシュ、デイ・トレーダーを「廃業」する人が相次ぎました。デイ・トレーダーに関する研究がいくつかあるのですが、「利益を出したデイ・トレーダーは10%」という結論が多いです。

現在はどうか。少数ながら存在するようです。当時と比べて圧倒的に数が少ないので情報も少ないのですが、オンライン証券会社の事務所で売買しているデイ・トレーダーが5000人前後。自宅で売買している人が約25万人程度いるとみられます。

ただ、1990年代のデイ・トレーダーといまのデイ・トレーダーはかなり違う種類の人たちです。多くの利益を狙うギャンブラーというよりもコツコツと利益を積み重ねていく人、「専業」とせず「兼業」にしている人、株式だけではなく商品や通貨など幅広い金融商品に分散投資している人たちです。

「デイ・トレーダー」または「デイ・トレーディング」という言葉は死語になっていませんが、2008年の金融危機も影響して下火になっていることは間違いないようです。

[AUG 29, 2012] No 0105096

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.23 更新不動産低迷、シドニー、ロンドン、ニューヨークオーストラリアの住宅価格の下落が顕著です。西端のパースはピークから18%下落。最大都市シドニーは14%ダウン。メルボルンの住宅価格は10%下げました。供給過剰、…
  • 2019.04.20 更新ビバリーヒルズ90210に住む、いくら必要アメリカ人の一部の間で「50/30/20ルール」という指針があるそうです。手取り収入の50%は必要経費。住宅ローンや家賃、食料品、ガソリンや公共料金、保険など生…
  • 2019.04.19 更新外為は通常で株は休場、わかりづらい祝日祝日は祝日。日本人なら誰でもそう思います。アメリカは違う。連邦政府が祝日に指定しているのに、地域によって休みにならないことがあります。逆に、連邦祝日ではないのに…
  • 2019.04.18 更新アメリカが報じない日米交渉日米両政府が15日と16日の2日間に渡ったワシントンでの閣僚級の貿易協議を終えました。農産物と自動車を含む物品貿易の議論を先行、データ貿易も交渉に含めることで一…
  • 2019.04.17 更新勝てるかも、米大統領候補の新星2016年11月の大統領選でトランプ大統領が大方の予想に反して勝利したのは、アメリカ人が「変化」を求めていたからではないか。個人的にそう思います。当時、民主党の…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ