2分でわかるアメリカ

2012/08/24想像超えるウルトラ高額医療


ヨーロッパに住む友人から相談を受けました。代理として病院と交渉して欲しいということでした。かなりプライベートなことなので正確には書けません。少し作文したことをご理解の上でお読み下さい。

友人の奥さんが妊娠しました。ただ、赤ちゃんに障害があることが判明しました。生まれて直ぐに手術をすれば新生児は普通に成長できるということなので友人は決断しました。ただ、「出来るだけ水準が高い医療機関で生みたい」ということでリサーチした結果、アメリカの3つの病院に絞られました。

医師の評価が世界で最も高かったのは東海岸のフィラデルフィアでした。見積もりは40万ドルでした。日本円で約3000万円以上です。2つ目はカリフォルニアの北部にある名門私立大学。見積もりはなんと120万ドル(約9500万円)。想像を遥かに超える額でした。

そして3番目はロサンゼルスの病院。施設が充実していて、医師も優秀。見積もりは65万ドル(約5100万円)でした。ロサンゼルスには親しい人が多いし、気候が温暖なため第一候補だと言っています。ただし、あまりにも高いのでディスカウントの交渉を依頼してきたのです。

先日、病院に行ってきました。交渉の結果、30%割引いてもらうことで了解を得たのですが、話を聞いて驚きました。新生児は手術後にICUに5週間ほど入る予定ですが、その費用が1日当たり1万ドル(約79万円)かかるそうです。1万ドル×35日=35万ドル。見積もり65万ドル×0.7=45.5万ドル。つまり、費用のほとんどはICUの入院代でした。病院は30%引きに合意しましたが、まず全額65万ドルを前払いで振り込まないと受けられないと主張しています。術後に30%を還元するということです。理由を聞いても納得のいく答えは返ってきませんでした。

 アメリカの食料品やクルマなど大半のものは日本やヨーロッパと比べ安いのですが、医療費と学費の高さは「異常」な水準になっています。なぜか。友人の奥さんが出産する予定の病院と関係が深いファミリードクターに聞きました。「アメリカの医療制度が壊れているから」という答えでした。 

お金があれば世界最高の医療サービスが受けられますが、お金がない人は外国に行くか、「寿命を縮めるしかない」というのがアメリカの現状です。

[AUG 23, 2012] No 0105092

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.08 更新2019年のFRB、世界経済、投資マーケットの2018年のテーマは、堅調なアメリカ経済、利上げを継続するFRB、トランプ政権の保護主義的な政策でした。トランプ大統領やFRBのパウエル議長の発言で…
  • 2018.12.07 更新NY株安、ミステリーで始まったニューヨーク株式市場は5日、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬のため休場でした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、アメリカ東部時間の5日午後6時…
  • 2018.12.06 更新第41代アメリカ大統領ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ第41代アメリカ大統領の葬儀が5日、ワシントンで営まれました。国葬は2007年のジェラルド・フォード第38代大統領の葬…
  • 2018.12.05 更新逆イールド、景気後退の恐怖通常、償還期間が短い債券の利回りは、期間が長い債券の利回りより低い。例えば、2年債の利回りは10年債利回りより低い。ただし、逆転することがあります。金融業界で「…
  • 2018.12.04 更新米政府閉鎖めぐる駆け引きアメリカ連邦政府の2019年会計年度(18年10月〜19年9月)の正規予算はまだ成立していません。今週金曜日7日までに合意しなければ、政府機関の一部が閉鎖される…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ