2分でわかるアメリカ

2012/08/14五輪メダル、日本トップ評価も


ロンドン・オリンピックが閉幕しました。

アメリカは104のメダルを獲得しました。最後まで競った中国の87を大幅に上回り世界でトップ。金メダルも46で中国の38を上回り断トツの1位でした。ほぼ期待通りの結果でした。

オリンピックの開催期間中、アメリカのメディアはメダルの獲得総数の国別ランキングを常時更新していました。日本のメディアも総数でランキングしていたと思います。ところが、イギリスのBBC、ロシアのモスクワ・タイムズ、そして中国の新華社通信は金メダル数でランキングしていました。

中国は総数と金メダル数でいずれもアメリカに次いで2位だったのですが、ホスト国のイギリスは総数では4位でしたが、金メダル数は29で3位でした。  

ウォール・ストリート・ジャーナルは、GDPあたりのメダル数、そして人口あたりのメダル数のランキングも紹介しています。それによりますと、GDPあたり最もメダル獲得効率が良かったのはロシア、人口別ではイギリスがトップでした。

一方、フィナンシャル・タイムズは、もっとユニークなメダルランキングを掲載しています。人口、一人あたりのGDP、過去のメダル獲得数、開催国の有利な条件などで、開催前にメダル獲得数を国別に計算していたのです。その事前予想と結果を比較しランキングしたものです。簡単にいうと、どれだけ「頑張ったか」のランキングです。

このランキングのトップは日本。メダル数は38個で世界6位、予想されたメダル獲得数は27.72でしたので、これを約10個上回りました。金メダルは7個で世界11位と期待に届かなかったのですが、全体的には「よく頑張った」と評価できることになります。この「頑張ったランキング」では、2位がロシア、3位は開催国イギリスでした。また、ニュージーランドやハンガリーもメダル獲得数以上にランキングが上に来ています。

ちなみにアメリカは、フィナンシャル・タイムズのランキングでは100位にも入っていません。「メダルを獲得して当然」ということでしょうか。それにしても、開会式はかっこ良かったですね。

[AUG 13, 2012] No 0105084

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ