2分でわかるアメリカ

2012/08/10中国人の足音


今回のハワイは、オアフ島のヒルトン・グランド・ワイキキアンに滞在。キッチンや洗濯機がついたコンドミニアムで快適です。  

グランド・ワイキキアンの2階のロビーフロアには、コンシェルジュが座っているデスクが7つあります。この内2つはアメリカ人用、残り5つは「インターナショナル」だそうです。インターナショナルとは、日本人専用のデスクということです。

それだけ日本人が多いということなのですが、ワイキキ周辺を巡回している日本のJTB、KNT、JALPAK、 HIS、そして JCBの利用客専用のトロリーバスはガラガラです。日本人観光客が少なくなった可能性があります。円高なのに。

存在感がやや下向きの日本人に替わって増えているのが韓国人と中国人です。特に、3年前は全くいなかった中国人観光客が増えました。パールハーバーの記念館には中国人の団体客が大勢いましたし、パンケーキのチェーン店IHOPの店名は、中国語で併記されていました。

ハワイには広東省中山市からの移民が多く、オアフ島のダウンタウン近くにあるチャイナタウンには広東料理のレストランが目立ちました。ハワイの人口は約140万人、その内の約5%が中国からの移民です。ちなみにアジア系で最も多いのがフィリピンで、日本人が続きます。

移民に加えて最近は中国各地からの観光客が目立ちます。アメリカ人には区別がつかないと思いますが、日本人の目から見ると服装や持ち物で区別できます。個人旅行ではなく、団体での旅行が大半です。おそらく査証の問題ではないかと推測します。中国人の一部富裕層も少しずつ増えています。「あのビル全部でいくら」と不動産会社にときどき問合せがあるそうです。

移民を除けば、中国人がハワイに来だしたのはつい最近のことです。経済力、購買力を考えると、今後急速に増えていくことは確実です。ホテルの日本人コンシェルジュの1人は「日本語の需要がなくなり職が心配」と話していました。ビバリーヒルズの高級ブティックで日本人店員が解雇され、中国人が新たに採用されたことを話したからです。

[AUG 09, 2012] No 0105082

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ