2分でわかるアメリカ

2012/07/21米大統領選は世紀の大接戦


4年に一度のアメリカの大統領選挙が今年11月6日火曜日に実施されます。

ちょっと解りにくいのですが、11月の有権者による一般投票は「選挙人」を選ぶ選挙です。翌12月に実施される選挙人投票で過半数を得た候補が正式に大統領になります。

選挙人の数は、上院と下院の議員数によるため州によって異なります。上院は各州2名、下院の数は人口に基づいて決められます。人口が全米で最も多いカリフォルニア州は、下院が53名いて上院の2名と合わせ55人の選挙人がいます。

 過去の選挙では、大統領候補は、選挙人が多いカリフォルニア州やニューヨーク州などで積極的な選挙運動を繰り広げるのですが、今回は状況が大きく異なります。リベラルで知られるカリフォルニア州はオバマ大統領が選挙人を獲得することが確実視されていますが、一部の州は流動的です。 

例えばアイオワ州、ネバダ州、コロラド州は人口が少なく、当然選挙人の数が少ないのですが、どちらが勝つか予想がつきません。このため、オバマ大統領と共和党のロムニー候補は、これらの地区で集中的にテレビ広告を出しています。ネバダ州のラスベガス周辺では4月以降、オバマ陣営のテレビコマーシャルが6000回も放送されました。

コマーシャルの内容は公約を掲げるというよりも、ライバルを激しく誹謗中傷する攻撃的な広告です。オバマ陣営がスポンサーとなったコマーシャルでは「ロムニー氏は税金もちゃんと申告しないしビジネスマン時代は自分だけ大儲けした」などと主張しています。

対するロムニー陣営のコマーシャルでは、オバマ政権の経済政策を「メチャクチャだ」と徹底的に批判しています。「名誉毀損ぎりぎりの内容で、「ここまで言うか」というぐらい激しいです。こうした広告はほんの一部の地域でしか放送されず、ロサンゼルスでは見ることができません。ちょっと残念。

オバマ、ロムニー両陣営が、一部の地方都市だけに大金を投じるのは、大接戦だからです。世論調査ではオバマ大統領が僅差でリードしていますが、有権者の数ではなく、選挙人を選ぶという特殊な形態であることなども影響して、実体はフィフティ・フィフティに限りなく近いのかもしれません。

[July 20, 2012] No 0105068

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.18 更新3尺度が示す「円は安すぎる」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)マクドナルドで売られているビッグマックの価格を比較するBig…
  • 2018.08.17 更新トランプ氏、ドル高政策に転換?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)米ドル相場をめぐるトランプ大統領の考えは変わったのか。16日…
  • 2018.08.16 更新米トルコ関係は修復不可能?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ史上で最も異色といえるトランプ大統領。強大な権力を持…
  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ