2分でわかるアメリカ

2010/05/121セント硬貨が変わるかも


1ドルの百分の一、1セント硬貨のことを「ペニー」と呼びます。イギリスの補助通貨単位が由来です。アメリカでは、道を歩いていてペニーを見つけると幸運なことがあると信じられています。これをラッキー・ペニー(Lucky Penny)と言います。落ちているペニーが、リンカーン大統領の顔がある側が上を向いている場合は、さらに幸運なことがあるそうです。

 アメリカ人に最も親しまれているペニーが導入されて今年で101年。このペニーが本当に必要かどうか、過去に何度も議論されました。ハーバード大学のグレッグ・マンキュー教授は「ペニーの役割は終わった」とかねてから主張しています。一方、ペニーを無くすと端数が切り上がるためインフレを招くとして反対するエコノミストも少なくありません。 

なぜ、このような議論が起きるのか。商品市況が上がりペニーをつくる費用が政府の重い負担になっているからです。ペニーは亜鉛でつくられていて、表面は銅でコーティングされています。1枚のペニーをつくるのに1.62セントかかります。つくればつくるほど赤字になります。

費用がかさむ上に、使用頻度が低いため、フィンランドでは1セントと2セントのユーロコインをつくるのを止めました。他のユーロ圏でも同様の措置を検討しています。ただアメリカ人は、リンカーン大統領が描かれているペニーに親しみがあるため、オバマ政権は無くすのではなく、ペニーを安い素材を使ってつくることを検討しています。コストが倍近くかかり、アレルギーを招くとして、5セント硬貨(ニッケルと呼ばれています)からは素材のニッケルを外すそうです。

硬貨の成分を変えるのは、非常にまれです。第二次世界大戦中にペニーは鉄でつくられるようになり、ニッケルには一部銀が加えられました。銅とニッケルが兵器をつくるのに必要だったからです。歴史的ともいえる硬貨の成分の変更にオバマ大統領が踏み込む。商品市況の高騰が、こんなところにも影響として出ています。

[May 11, 2010] No 010152

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.15 更新トランプ大統領、任期全うできるか12月9日からの1週間は、トランプ大統領にとって就任以来で最悪の週だった。ワシントンポストのコラムニストが伝えました。確かに、トランプ大統領に打撃となるニュース…
  • 2018.12.14 更新アメリカのガラパゴス日本に帰国する際は非接触型ICカードを使っています。JR東日本のSuicaや首都圏の地下鉄やバスで利用できるPASMO。コンビニや自販機でも使えて便利だと思いま…
  • 2018.12.13 更新FRBの利上げけん制、最後のプッシュアメリカのトランプ大統領が11日、ロイターのインタビューを受けました。ウォール街で話題に。金融情報に強い通信社による単独インタビューのため、慎重に準備したことが…
  • 2018.12.12 更新ホワイトハウスの重要ポスト先週末まで、「ホームランド」をアマゾンプライム・ビデオで毎日観ました。2011年から放送されているCIAエージェントのテロリストとの戦いを描いたテレビドラマで8…
  • 2018.12.11 更新中国がiPhone差し止め、微妙なタイミング中国の福建省福州の裁判所が、特許侵害をめぐるクアルコムとの訴訟に関し、アップルのiPhoneの輸入と販売を差し止める仮処分を下したことが明らかになりました。クア…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ