2分でわかるアメリカ

2012/05/18タイムシェア買ったけれど


タイムシェアってご存知ですか。リゾート地にある高級コンドミニアムの部屋を複数でシェア、年に1週間から10日程度無料で宿泊できる権利を得る、というものです。

アメリカには1548のタイムシェアのリゾート建物があります。1990年代以降から急速に拡大、64億ドルの産業に成長しました。最も多いのはフロリダで全体の23%を占めます。リッツカールトンやヒルトンなど大手ホテルチェーンが産業をけん引しました。

「タイムシェアの説明を1時間受けると高級リゾートに3泊まで無料で泊まれます」「お金も貸します」などのセールトークと、100%購入するより「大幅に安く感じる」ため、僕の知り合いでもタイムシェアを買った人が何人もいます。友人のジーンは、セールトークだけ聞いてハワイのリゾートを「タダ」で泊まることを楽しんでいるのですが、彼のような「ちゃっかり派」は少数派で、多くの人は「軽く決める」ようです。

ただ、買った後に「問題」が発生するケースが少なくありません。テクニカル的にはタイムシェアの権利を売却できるのですが、流動性がなく「極端に安くしないと売れないケースが多くあります。また、相当前から連絡しないと希望日に利用できないこと、年に2000ドル程度の維持費を払わなければならないことなどで後悔する人が後を絶ちません。

ハワイのカウアイ島にあるリゾートでは「水の事故」が発生、修繕費をめぐり争いが起き、裁判に発展しました。タイムシェアのオーナー1人当たり6000ドルの支払いを求められる可能性があるそうです。  

景気が「いまいち」パッとしない中、タイムシェアの権利を売りたいけど売れない人が急増。売却の仲介者とのトラブルも少なくありません。USAトゥデイによりますと、当局に寄せられた売却をめぐる苦情数は2009年に819件でしたが、2011年には5000件以上に増えました。当局は本格的な捜査に着手、逮捕者も出ています。

不動産業界にいる知人によりますと、ハワイには、日本人オーナーが80%を占める高級コンドミニアムのタイムシェアがあるそうです。アメリカで起こっているタイムシェアをめぐる騒動は対岸の火事でないかもしれません。

[May 17, 2012] No 0105025

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.05.26 更新「溶岩の川」、噴火で50%キャンセルメモリアルデーが絡む今週末の連休に、知人がハワイで結婚式をあげます。日本人だけではなく、ハワイで人生の新たな門出を誓うアメリカ人が意外に多い。知人が結婚式の会場…
  • 2018.05.25 更新輸入車25%関税の衝撃トランプ政権は23日、自動車の輸入が安全保障におよぼす影響について調査を開始すると発表しました。予想されていたことですが、それでも世界に衝撃を与えました。アメリ…
  • 2018.05.24 更新微妙な関係、米朝首脳会談と米中貿易協議トランプ大統領は22日、訪米した韓国の文在寅大統領とホワイトハウスで昼食をはさみ2時間にわたり会談しました。北朝鮮の体制維持などで意見を交換したもようです。会談…
  • 2018.05.23 更新「相当な確率でビットコインはゼロに」去年後半から年初にかけて世界を騒がせたビットコイン。一時は2万米ドルまで上昇するとの強気な見方がありましたが、最近では聞きません。低調な取引が続き、8000米ド…
  • 2018.05.22 更新「夜の灯」で景気判断、独裁国はGDP水増し?ワシントンポストに興味深い記事が掲載されました。中国、ロシア、その他の独裁国家がGDPを15〜30%「水増し」していることを衛星写真が強く示唆しているというもの…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ