2分でわかるアメリカ

2012/05/11ディズニーの秘密クラブ


ロサンゼルスから南にクルマで約30分。アナハイムという町にディズニーランドがあります。同じ敷地内にはカリフォルニア・アドベンチャーという第2パークもあります。このディズニーランドに非公開の会員制クラブがあることはあまり知られていません。

クラブの名前はクラブ33(CLUB 33)。ウォルト・ディズニー氏がゲストを招待するためにつくられた高級レストランです。1967年にウォルト・ディズニー氏が死亡した半年後から、会員制クラブとして運営されています。クラブの名前は、ディズニーランド内のニューオリンズ・スクエアの住所が33番地だったことで名付けられました。入り口は目立たないようにつくってあり、一般の人がクラブの存在を知ることはありません。

クラブ33は、大口の投資家やビジネスで繋がりの強い487の会員がひっそりと利用していて、予約待ちが多く会員になるには何年も待たなくてはなりませんでした。しかし、ロサンゼルス・タイムズなどによりますと、ディズニーはクラブ45周年を記念して会員を募集することを決めました。会員になるためには、入会時に2万5000ドル(約200万円)、そして年会費が1万ドル(約80万円)と決して安くありません。

会員になると、クラブ33のレストランを利用できる他、新しいアトラクションなどのイベントに招待されるということです。

予約待ちリストの800人、そして新たに100人にクラブ33への招待状が送られたそうですが、ディズニーが何人まで会員を増やすかは明らかにされていません。

ところで、知らなかったのですが、本場カリフォルニアの他にもう1カ所、クラブ33があるそうです。東京ディズニーランドです。ワールドバザールの三井住友銀行の隣に入り口があり、公式スポンサーが接待に使っているようです。

クラブ33は非公式、つまり秘密主義に徹したため価値があったように思います。公式に会員を募集したことで、秘密主義が少し秘密でなくなるような気がします。  

[May 10, 2012] No 0105020

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.23 更新当たったらビリオネアアメリカでは州によって宝くじのルールが異なりますが、多くの州で販売されている「メガミリオン」の1等(ジャックポット)賞金が過去最高になり話題を集めています。メガ…
  • 2018.10.20 更新黄色いクルマが消える日ロサンゼルスはカリフォルニアらしい晴天でした。気温は28度。日本人の感覚では「暑い」と思うかもしれませんが、乾燥していて心地よい。5時間のフライトでニューヨーク…
  • 2018.10.19 更新カショギ氏の「最後のコラム」ワシントンポストが18日、行方不明のサウジアラビア人のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏のコラムを掲載しました。「アラブ諸国に必要なのは表現の自由」と題するコ…
  • 2018.10.18 更新米財務省の為替報告書※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ財務省が為替報告書を公表する予定。アメリカ東部時間の…
  • 2018.10.17 更新財政赤字、トランプ氏の主張と違った※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)大規模な減税分は高い経済成長で相殺される。トランプ政権が去年…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ