2分でわかるアメリカ

2012/04/25リーマンの次は


2008年のような金融危機が再び起こったら今度はどこが危ないか。CNBCは先日、こんなシナリオをトークしていました。ちなみに、日本では「リーマン・ショック」と言いますが、欧米では「金融危機(Financial Crisis)」としか言いません。リーマン・ブラザーズ破たんの前後にベア・スターンズやAIGなどの破たんがあったためです。

CNBCのトークに話を戻しますと、番組に出演したアリエル・インベストメンツのチャールズ・ボブリンスコイ副会長は「次にいくのはモルガン・スタンレーだ」と語りました。

 モルガン・スタンレーの株価は、ユーロ圏の債務危機に関連してネガティブなニュースが出た際、どこよりも大幅に下落することが多くあります。ユーロ圏への投資案件が他より多いためというのが一般的な解説なのですが、ボブリンスコイ氏は「次に危ないから」と説明しています。 

ヘッジファンド・マネージャーのアンソニー・スクラムッチ氏も同じ意見でした。スクラムッチ氏は、多くのヘッジファンドがモルガン・スタンレーをショート(売り)にしていて、反対にライバルのゴールドマン・サックスについてはロング(買い)のポジションをとっていると語っています。

先に破たんしたベア・スターンズの株式は、2008年当時、リーマン・ブラザーズより大幅に割安に取引されていました。スクラムッチ氏は、モルガン・スタンレーの株価が低いのは「歴史に学ぶ」としています。

ただ、モルガン・スタンレーの自己売買のレバレッジは当時のベア・スターンズやリーマン・ブラザーズより大幅に低く、財務体質が強化されていますので、こうした懸念が杞憂に終わる可能性が否定できません。いずれにしても、メディアやウォール街で「次のリーマン」が語られるということは、まだ「危機から立ち直っていない」ということではないでしょうか。

[April 24, 2012] No 0105008

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.17 更新米ドル相場を押し下げた発言16日のニューヨーク外国為替マーケットで、米ドルの対円相場が113円台半ばから112円60銭台に急激に下落する局面がありました。アメリカの中央銀行にあたるクラリ…
  • 2018.11.16 更新FRB利上げ、打ち止め近い?11月に入り上昇基調にあった米10年債の利回りが低下傾向にあります。今週に入りずっと。米2年債、米30年債の利回りも同様です。背景には、FRBの利上げが予想より…
  • 2018.11.15 更新脚光浴びた2人のファーストレディ先週末からきょうまで、オバマ前大統領のミシェル夫人がアメリカの主要メディアに頻繁に登場しています。ミシェル夫人の回想録「BECOMING」が13日に発売されまし…
  • 2018.11.14 更新「米株の大底まだ」、米ドル高も影響?ダウが602米ドル安、ナスダックが急落した12日のニューヨーク株式マーケット。一夜明けた13日の取引では、高く始まったものの上値が重く、終盤に下げに転じました。…
  • 2018.11.13 更新株安は民主党のせい?12日は「ベテランズデー(退役軍人の日)」でアメリカの連邦祝日です。郵便配達を含め政府関係機関はサービスがなく、銀行も休業。しかし、ほとんどの学校で授業があり、…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ