2分でわかるアメリカ

2012/04/04ゴールドマンがアダルト産業に関与?


未成年者の売春に有力な金融機関が関与しているというコラムがニューヨーク・タイムズに掲載されました。ウォール街で大きな反響を呼び、CNBCなどでも大きく取り上げられました。

アメリカでは先月からバックページというウェブサイトを利用した未成年者の売春が社会問題化しています。かつては、クレイグリストというサイトが売春を斡旋していることで知られていたのですが、殺人事件が発生したことなどで、アダルト広告が削除されました。クレイグリストで宣伝できなくなった売春斡旋業者などは相次いでバックページに乗り換え、全米の約70%のアダルト広告がバックページに集中するようになりました。

斡旋業者の中には未成年である15歳の少女に売春を強要しているケースがニューヨークなどで発覚、バックページはワシントンの議会などでも問題視されるようになりました。

バックページを運営しているのはヴィレッジ・ヴォイス・メディアという会社なのですが、オーナーは明らかになっていませんでした。しかし最近、ウォール街の複数の金融機関がヴィレッジ・ヴォイス・メディアの株式を保有していることがわかりました。

その中には、有力な金融機関も含まれていました。ゴールドマン・サックスです。コラムによりますと、ゴールドマン・サックスは2000年に3,000万ドルを投資、ヴィレッジ・ヴォイス・メディアの株式16%を取得しました。取締役も2010年まで派遣していました。

コラムは、ゴールドマン・サックスのような巨大な組織が投資先が未成年者の売春に関与していることを知らなかったとは思えないとしています。ただ、大きな社会問題になっているだけに、投資の「倫理」を問われる可能性があります。

 ゴールドマン・サックス以外にトリマランやブリンウッド・パートナーズなどの投資会社数社が投資していました。ゴールドマン・サックスは、先週金曜日に「保有株全てを経営者に売却する」ことで合意したそうです。取材を受けていたので、当然コラムが掲載されることは知っていました。タイミングがあまりにも良すぎます。 

[April 03, 2012] No 0104994

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ