2分でわかるアメリカ

2012/03/31「ピンクスライム」が社会問題


近所のスーパーで牛肉のひき肉の値段が最近高くなりました。1ポンド(約450グラム)が7ドルほど、少し前までは4ドル程度でした。ガソリン価格が上昇しているからとも思ったのですが、理由は別にありました。

いまアメリカで、「ピンクスライム(Pink Slime)」が社会問題になっています。聞き慣れない言葉で、アメリカ人でさえ知らない人がいました。「ピンクスライム」とは、食肉用に処理された後に残った牛のクズ肉を水酸化アンモニウムで殺菌し加工したもで、ひき肉のつなぎ肉として、もしくは「ピンクスライム」がそのままパック売りされていました。

「ピンクスライム」は20年以上も製造されていて、アメリカ農務省も安全だと太鼓判を押していました。しかし、ここにきて「安全」に疑問符がつきはじめました。

まず、インターネットなどで「ピンクスライム」の安全への懸念が広がり、ネットワークのABCニュースが大きく取り上げたことで社会問題化しました。水酸化アンモニウムが大量にふりかけられる映像が視聴者に衝撃を与えました。

ABCニュースが放送された後、学校の給食で出されるハンバーガーに「ピンクスライム」が使用されていることが発覚、スーパーマーケットで売られているひき肉の17%に「ピンクスライム」が使用されていることがわかりました。  

「ピンクスライムは牛肉ではない」「ピンクスライムは安全ではない」などの批判が大きくなったことで、大手スーパー・チェーンは相次いでピンクスライムの販売を中止しました。マクドナルドなどの大手ファーストフード・チェーンは、既にアンモニアで殺菌された肉の使用を止めています。

エミー賞受賞のドキュメンタリー映画「フード・インク」は、ギュウギュウに押し込められた牛、豚、そして鶏が不衛生な環境で加工されている現場を描き衝撃を与えました。「ピンクスライム」が同様の環境で加工されていると考えると気分が悪くなります。

[March 30, 2012] No 0104992

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.15 更新富で人は悪事を働く?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)お金があると人は悪いことをする。ワシントンポストが興味深い記…
  • 2018.08.14 更新トランプ流夏休み※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)日本はお盆。欧米企業でも夏休み中、という人が多いようです。フ…
  • 2018.08.11 更新全米で歴史的アジア旋風※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)ロサンゼルスで、ワーナーブラザーズが8日に公開した映画が話題を…
  • 2018.08.10 更新ハイジャックされた広告※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末に引っ越しました。14年住んだ家の整理をする際、あまりに…
  • 2018.08.09 更新サウジ、「カナダ売り」加速※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)東京医科大学が入試で女子受験者らの点数を操作し、合格者数を抑え…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ