2分でわかるアメリカ

2012/03/16ジェネレーションXが売って、Yが買わない


戦後のアメリカ経済をけん引してきたベビーブーマー、いわゆるジェネレーションXが今後住宅を大量に市場に放出する一方、若い世代が住宅を買わなくなっているとの調査結果が出ました。

アメリカ議会の政党を超えた調査チームがまとめたものですが、それによりますと、退職する年齢に達したジェネレーションXが、2030年までに2600万戸の住宅を売りに出す見通しです。数年おきに住宅を買い替え、個人資産を築き上げた世代ですが、サブプライムローン問題が発生して以降に右肩上がりだった資産が下がり始め、さらに世代交代の年齢に達したのです。

世界でも最も少子高齢化が進む日本と異なり、アメリカの人口構成は健全で、世界中から移民を受け入れていることもあり、新しい世代の人口も少なくありません。1982年から1995年に生まれた世代はジェネレーションYと呼ばれるのですが、Xの資産を受け継ぐ世代です。

人口的には問題がないのですが、問題は「家を買わない」ことです。議会超党派の調査では、ジェネレーションYは、雇用不安やローンの厳しい審査、さらには多額の学生ローンの返済を抱えていて、「買いたくても買えない」と分析されています。  

住宅市場が改善しているとのデータがこのところ発表されています。ドル安を背景に外国人がアメリカの不動産を買うケースも増えています。しかし、アメリカでは1日あたり1万人が65歳になり、大型住宅を市場に出していくとみられるため、住宅不況と合わせた構造的な問題になるかもしれません。

[March 15, 2012] No 0104982

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ