2分でわかるアメリカ

2012/02/28「アーティスト」が選ばれた背景


映画業界の世界最高の栄誉であるアカデミー賞の授賞式が昨夜、ロサンゼルスでありました。ハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカなどのホテルやレストラン、バーでは、至るところで「オスカー・パーティー」で盛り上がりました。我が家にも友人家族が来て、ワインを飲みながら受賞式を鑑賞しました。まさにビッグナイトでした。

アカデミー賞はどう選ばれるのか。まず対象は、ロサンゼルスで1週間以上に渡って有料で劇場公開した265本の作品です。業界の発展に貢献した監督やプロデューサー、脚本家をはじめとする映画芸術科学アカデミーの会員が6000人以上いるのですが、この人たちの郵便投票によって選ばれます。会員には、エントリーした作品のDVDが郵送されていて、それを見た上で投票します。

アカデミーは世界大恐慌の直前1927年に設立されたのですが、引退を宣言もしくは死亡しない限り、基本的に永久に会員資格を維持できることもあり、会員の高齢化が進んでいます。例えば、監督賞にノミネートされたマーティン・スコセッシ氏は今年70歳ですし、80歳代の会員も少なくありません。ロサンゼルス・タイムズの調べでは、会員の中間年齢は62歳50歳以下は14%しかいません

このため、3Dなど最新のテクノロジーやコンピュータ・グラフィックを駆使した若者に人気がある作品より、高齢者が好む作品が受賞する傾向にあります。ただし、マーティン・スコセッシ氏が監督した「ヒューゴ(Hugo)」は、3D作品です。

作品賞をはじめ多くの賞を受賞した「アーティスト(The Artist)」は、高齢化したアカデミーの会員に受けそうな典型的な作品でした。サイレント映画からトーキーの時代に生きる男優と女優の恋愛を描いた作品で、ノスタルジーを感じた会員が多かったとみられます。

 映画業界はいま、稼ぎ頭だったDVDの市場が壊滅的で、それに替わるデジタル配信の売上はまだ発展途上です。つまり、ビジネスモデルの移行期にあります。芸術性よりもビジネスが優先される時代に「アーティスト」が最高の栄誉を得たことは、アカデミー会員の抵抗なのかもしれません。 

[February 27, 2012] No 0104969

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ