2分でわかるアメリカ

2012/02/24ところで、インターネットって何?


30年ぶりに連絡があった知り合いが10人ほどいます。このうち8人はフェイスブック経由です。もう一人は、ソーシャル・ネットワークのリンクドイン。そして最後の一人は、当コラムがネット検索で引っかかり、それがきっかけで連絡がきました。10人のうち2人には、実際に会いました。

こうしたことが重なり、インターネットのパワー、影響力をあらためて意識しました。インターネットがなかったら、絶対に再会することはなかったからです。

ユーチューブで興味深い映像を見つけました。アメリカのネットワーク・テレビNBCの人気朝番組「TODAY」の映像です。番組は現在も続いているのですが、これは1994年に放送されたアナウンサーの会話です。

インターネットのアドレスを紹介した後、黒人でメガネをかけたアナウンサー、ブライアント・ガンベルさんが突然、「@」はどう読むのかと問います。右側の女性は「アット」だと答えると、「僕もそう思ったのですが、ケイトさんはアバウト」だと言いましたよねと左隣のアナウンサー、ケイト・クーリックさんの方に振り向きます。

ブライアントさんは「ところで、インターネットっていったい何ですか」と言い出します。隣のケイトさんが通信の手段だと答えるとブライアントさんは「郵便のようなものか」と聞き返します。

単なるアナウンサー同士の会話なのですが、18年前と今とのギャップがあまりにも大きく反響を呼びました。80万人以上がこの映像をYouTubeで見ました。英語ですがご興味のある方はクリックしてみてください

1994年当時、僕はモスクワに駐在していました。インターネットどころか、ワープロを使っていました。僕の娘は1999年生まれ。娘は幼稚園からインターネットを使用しています。12歳のいまでは、iPhone、iPad、MacBookProを自由に操っています。もちろん、フェイスブックも毎日使っていて、多くの友達と繋がっています。娘が僕ぐらいの年齢になった時「30年ぶりに再会した」という感動は絶対にないでしょうね。  

[February 23, 2012] No 0104967

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ