2分でわかるアメリカ

2012/02/16中国人にラブコール


日本のニュース番組を観ていると、東京のデパートや大型家電小売店、さらには地方の商店街が、中国の観光客に買い物をしてもらう努力をしているシーンがときどき紹介されます。


安全保障を巡る見解の相違、人民元の切り上げを巡る摩擦など、世界ナンバーワンのアメリカとナンバーツーの中国との「いがみ合い」が伝えられています。しかし、中国人の観光客は別です。日本と同様に、アメリカの旅行業界や小売業界は、「世界で最もお金をつかう観光客」に熱いラブコールを送っています。  

アメリカ商務省のまとめでは、2011年の1月から10月までの10カ月でアメリカを訪れた中国人は94万人、前年の同じ期間と比べ39%増えました。裕福な実業家と団体観光客がほとんどです。少し古い統計なのですが、2010年にニューヨークを訪問した中国人観光客が使ったお金は、一人あたり3197ドルです。これは、「海外でお金を使うことで有名な」日本人の消費額とほぼ同じ、今年はさらに増えるとみられています。

ニューヨーク郊外やワシントンDC郊外、西海岸ではロサンゼルス郊外やラスベガスにあるアウトレットモールは、中国人の団体客で連日混み合っています。特にコーチやケイト・スペードなどの混み具合は「異常」といっていいほどです。また、中国にはまだ正式に輸入されていないアバクロンビー・フィッチでは、中国人が大量に買いあさっている光景を良く目にします。

ロサンゼルスのビバリーヒルズのロデオ・ドライブにある高級ブティックの多くは、日本人店員に替わり中国人または中国語を話す店員を雇いました。ヒルトン、シェラトン、そしてマリオットといったアメリカのホテルチェーンは、主要都市にあるホテルに中国人向けサービスの提供を始めました。ラスベガスの高級ホテル、ベラージオでは、ルーム内のテレビは中国語放送のチャンネルがいくつもありました。

中国人の観光客が増えた背景には、オバマ大統領が中国人の入国査証(ビザ)の発行条件を緩めたことがあります。アメリカより先に条件を緩和したEUも、「中国人の買い物客であふれる」という状況が起きています。

景気の改善を示す経済データが相次いで発表されていますが、アメリカ経済はまだ本格回復には至っていません。このため、中国人観光客へのラブコールは今後もさらに続きそうです。それにしても、アメリカ・ブランドのコーチやアバクロはいずれも中国製。「中国からアメリカが輸入したものを中国人が買う」というのは、いろいろ考えさせられます。

[February 15, 2012] No 0104961

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ