2分でわかるアメリカ

2012/02/10大企業の取締役に20代が就任


日本のほとんどの大企業の取締役会は、ベンチャーは別として、何十年も勤続したサラリーマンで構成されています。執行する人とは異なる視点で監視する役が区別されておらず、新しい発想や視点に乏しいとの指摘があります。

これに対しアメリカでは、CEOまたは社長、副社長、財務担当の役員は執行に専念しプロの経営者に徹します。そして、取締役会はほとんどが社外から選出されます。しかも、全く別の業界や国から選ぶことも珍しくありません。執行と意思決定機関及び監視機関を分離し、広い視野で会社を成長させることを目指します。

ただ、アメリカの大企業の取締役は、白人で高年齢者、しかも男性に偏っています。デジタル化が進み、世の中が急スピードで変化しているため、いくら経験豊富で広い視点を持っていても、時代についていけない取締役が少なくありません。そこで、一部の企業が動きはじめたのです。

 ウォール・ストリート・ジャーナルのまとめによりますと、2008年から2011年の間に、ファウンダーなどを除いて上場企業の取締役に就任した人の内、約100人は年齢が31歳未満でした。エグゼクティブのヘッドハンター会社には、若い取締役を探す依頼が増えているそうです。 

ソーシャル・メディアのヒアセイの創業者で作家でもあるクラーラ・シーさんは、去年12月にスターバックスの取締役に就任しました。その時、クラーラさんは29歳でした。これより少し前、チェルシー・クリントンさんが31歳で大手メディアのIAC/インターアクティブの取締役になりました。チェルシーさんの父親は元大統領、母は現役の国務長官です。

この他、ヘッジファンドのマネージャーであるワジン・ペレルマン氏は28歳で、投資家カール・アイカーン氏の投資を分析しているサムエル・マークサマー氏は31歳で、それぞれ上場企業の取締役に就任しています。

いずれもエネルギッシュで最新のテクノロジーに明るく、異なる視点・価値観で経営をみることが期待されています。アメリカの会社は、ますます進化しています。

[February 09, 2012] No 0104957

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.25 更新原油、4年ぶり高値に急伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ大統領は先週、「市場を独占するOPECはいますぐ原油価格を下げろ」…
  • 2018.09.22 更新25-26日のFOMCが注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの中央銀行にあたるFRBが25日と26日の2日間に渡…
  • 2018.09.21 更新予想されたダウ最高値、先高観※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)ニューヨーク株式マーケットを代表であるダウ30が、20日の取…
  • 2018.09.20 更新トランプ政権が恐れていること※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカと中国の関税合戦がエスカレート。どちらも引かず、泥沼…
  • 2018.09.19 更新最高裁判事承認が注目される訳※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「アニタ・ヒル事件」はセクハラ疑惑の先駆けと言われています。…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ