2分でわかるアメリカ

2012/01/12CESが盛り上がらない訳


世界最大の家電ショーであるCESが、ラスベガスで開催されています。ミーティングのため会場に行った友人は「全体的に盛り上がりに欠ける」「日本メーカーの存在感がない」と感想を言っていました。

CESといえば、かつてはマイクロソフトが新しい戦略を発表したり、ソニーが新製品を披露したりして話題を集めたのですが、時代は大きく変わりました。アメリカのメディアのカバーも少なく、新製品が発表されても、ニュースにすらなりません。

なぜか。参加企業が減っている訳ではありません。アップルが参加していないからです。

アップルがiPhoneを発表したのが2007年。2010年にはiPadが発売され、家電業界全体のトレンドをつくりました。いわゆる「ゲーム・チェンジャー」になったのです。アップルは独自にイベントを開くため、CESに参加したことは過去一度もありません。

家電業界ではサムスンとLGの韓国勢が元気ですが、アップルと類似した商品が目立ちます。日本も台湾も同様です。グーグルがライフスタイルを変える可能性を持っていますが、アップルには敵いません。

 それでは、次の家電の目玉はなにか。アナリストの多くは「消費者の多くは、大型の薄型テレビを所有していて当面、買い替えない。しかし、スマートTVが本格化したら買う可能性がある」と予想しています。 


故スティーブ・ジョブズ氏は、病室で新しい「アップルTV」を語っていたそうです。つまり、スティーブ・ジョブズ氏がコンセプトをつくった新「アップルTV」が近い将来、発表される可能性があります。現在もアップルTVと呼ばれるデバイスがありますが、全く別のものが開発されているようです。グーグルTVの第一世代も失敗しましたが、第二世代は本格的な「スマートTV」になりそうです。

アップルとグーグルが「スマートTV」を発表するまで、CESの注目度は下がり続けるかもしれません。

[January 11, 2012] No 0104936

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ