2分でわかるアメリカ

2011/12/23クリスマス・チップ


ニューヨークからロサンゼルスに引っ越して8年経つので、すっかり忘れていたのですが、きのうの知人との電話で思い出しました。

知人は、ニューヨーク・マンハッタンの高層ビルのアパートに住んでいます。ビルの入り口で迎えてくれるドアマンがいて、ロビーの受付には、アテンダントがいます。知人は、クリスマス前にチップを用意するのに頭が痛いと嘆いていました。

どういうことかと言いますと、ニューヨークでは、自分が住むアパートの管理人らにクリスマス・チップを渡す習慣があり、彼女の場合、チップの総額が2000ドル(約15万6000円)を超えるそうです。

管理人責任者に200ドル、ドアマンに100ドル、その他は50ドル。管理する人は合わせて20人弱。それに新聞配達や郵便配達の人など。

僕がマンハッタンに住んでいた時もクリスマス・チップを払っていたのですが、最高で20ドルでした。知人はチップを渡すのが負担になり、インターネットで相場を調べたらほぼ上限の額を渡していることを知り、今年は半分に減らすそうです。

チップは税金ではありませんので、もちろん渡さなくても大丈夫です。では、渡さないとどうなるか。たぶん、ドアマンの対応が悪くなるというか不愛想になる恐れがあります。それだけです。

知人は、ドアマンが最近やたらと愛想が良く、受付の人は重くもない荷物を持ってくれたりするので、気持ち悪いと話しています。クリスマス・チップを期待しているからです。

アメリカと日本の物価を比較すると、日本の方がモノやサービスが高いと感じます。よく考えてみると、日本はチップの習慣が一部の旅館などを除いてなく「込み」なので、チップ分を計算すると日米の物価はほとんどなくなります。チップを別に払うか、それとも「込み」で払うか。個人的には日本の方が楽です。  

ちなみに、ロサンゼルスでもクリスマス・チップを払う人がいますが、少数派です。個人的に助かっています。

[December 22, 2011] No 0104926

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ