2分でわかるアメリカ

2011/10/04広がる市民の怒り


「ウォール街を占拠せよ」(Occupy Wall Street)というグループが9月17日からウォール街近くの公園で居座りを続けています。貧富の格差に不満を持つ若者らが政府や議会、大企業、そして富裕層に反発した抗議行動です。

今週末には、大学を卒業しても就職先が見つからない人や学校の先生、失業中の人らが入れ替わり立ち替わり参加、1日には1500人がブルックリン橋を埋め尽くし、公道を妨害したことで約700人が逮捕されました

狭い土地にビルや人口が集中するニューヨークのマンハッタンでは過去に何度も大規模なデモがありました。

1968年にはアッパーマンハッタンにあるコロンビア大学のキャンパスで、ベトナム戦争に関連して大学が国防省に協力したことなどがきっかけで学生ストライキが起こりました。映画「いちご白書」でも有名になった学生運動は数日続き、最後は警察との衝突に発展しました。

1988年にはマンハッタンのイースト・ビレッジという地区にあるトンプキン・スクウェアで暴動が起こりました。麻薬の売買や犯罪などの対策として夜間外出禁止令が出されたことに反発した低所得者などが暴動を起こし何百人もが逮捕されました。

市民による抗議行動は警察との衝突に発展するケースが多いため、今回の大量逮捕は暴動を未然に防ぐ狙いがあったようです。

「ウォール街を占拠せよ」が過去のデモと異なるのは、訴えていることが幅広いことです。失業、住宅、不況など経済全般に対するものから格差、人種差別まであらゆる改善を求めています。ノーベル経済学者のスティグリッツ教授や映画監督のマイケル・ムーア氏も集会に参加しています。

もう1つ過去の運動と異なるのは、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャル・メディアが運動の輪を広げていることです。ロサンゼルスのダウンタウンにあるシティホール前には、「ロサンゼルスを占拠せよ」とプラカードを掲げた市民が数百人、サンフランシスコ、シアトル、ボストンでも同様の動きが広がっていて長期化しそうです。  

[October 03, 2011] No 0104866

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.23 更新生活水準下げました我が家では、去年の第4四半期(10-12月)から生活水準を大幅に下げました。食費を切り詰め、無駄な買い物をしなくなりました。今年はクルマのダウングレードを考えて…
  • 2019.01.19 更新NY連銀総裁の警告不法移民を減らし、麻薬取引や人身売買などの犯罪を撲滅するためメキシコとの国境にスティール製の壁を建設するとのトランプ大統領の公約。国境警備の強化には賛成するもの…
  • 2019.01.18 更新ウォール街、株強気派増える17日のニューヨーク株式マーケットでは、モルガンスタンレーの決算が予想を下回ったことなどが影響し売りが先行しました。ただ、下げ幅は限定的。後半の取引で上昇に転じ…
  • 2019.01.17 更新メイ首相続投、5つのシナリオメイ首相が提示したEU離脱協定案の賛否を問うイギリス議会下院の投票が15日夜実施され、反対多数で否決されました。メイ首相が率いる与党・保守党からはEU離脱派と残…
  • 2019.01.16 更新政府閉鎖のネガティブ効果メキシコ国境の壁建設の予算をめぐるトランプ大統領と民主党の対立が続いています。解決に向かう兆候はまったくみられません。9つの省庁の予算が切れ、政府機関の約25%…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ