2分でわかるアメリカ

2010/04/14個人の「信用力」は生活に欠かせない


昨夜、日経新聞の電子版を読んでいたら、「私の信用力教えて、開示請求 最多の約11万件」という記事に目が止まりました。日本人も個人の「信用力」を気にしはじめたようですね。

アメリカでは個人の信用力は生活に欠かせません。「クレジット・スコア」と呼ばれる個人の信用力を示す指標は、住宅や車のローンの料率の計算のほか、賃貸住宅や携帯電話を契約する際、就職の面接にいたるまで照会されます。携帯電話をはじめて買う場合、ソーシャル・セキュリティ番号を伝えると、「あなたは4台まで契約できます」などと言われます。

クレジット・スコアは、3大信用調査会社のEquifax、Experian、Trans Unionが算出しています。いずれも300点から850点までの指標モデルを採用していてどこで照会しても同じような点数になります。僕自身も、先日車のリースを切り替える際にクレジット・スコアの照会を受けましたが、点数が「良かった」ため、最低の金利でリースできました。嬉しかったです。

クレジット・スコアの計算方法は公表されていませんが、債務や支払いの歴史であるクレジット・ヒストリーやクレジット・カードの与信枠や保有年数などで評価しているようです。アメリカのメディアは、「いかにクレジット・スコアを上げるか、いかにクレジット・ヒストリーを積み上げるか」という特集を頻繁に伝えています。「サブプライム・ローン」が話題になりましたが、これはクレジット・スコアが低い人向けの住宅ローンを指します。

クレジットのヒストリーが評価の対象になるため、アメリカに来たばかりの外国人は、クレジット・カードさえ作れないことが頻繁にあります。日本人も例外ではありません。たとえ大企業の幹部であっても、収入や資産がいくらあっても、日本で住宅ローンを組んでいても、アメリカでのヒストリーがないため、最初の1年は携帯電話すら契約できません

 アメリカ人が、スターバックスのコーヒーを買うのにまでクレジット・カードを使うのは、クレジット・スコアを良くするという理由もあります。現金やデビット・カードで買うとヒストリーがつかないからです。
現金払いが良いとされるアジアの文化と借金の歴史が大事なアメリカ、ずいぶん違いますよね。 
 
 
[April 13, 2010] No 010132

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ