2分でわかるアメリカ

2011/08/13大物投資家の大型愛人騒動


最近、マーケットが不安定だったのでお固い話題が多かったのですが、きょうは週末ということもあり柔らかいネタです。

大物投資家のジョージ・ソロス氏がヘッジファンドを廃業するというニュースが最近ありました。SECの報告義務を嫌って、外部の投資家の資金を返却し家族のお金だけを運用する方針に変えたのです。

この際にわかったことは、運用していたファンドのお金のほとんどが自分と家族のお金だったということです。現在のソロス氏の資産は145億ドル(約11兆円)と推定されています。

80歳になったジョージ・ソロス氏は一昨日、ブラジル人の元ガールフレンドから訴えられました。大富豪に対する訴訟らしく賠償請求額は5000万ドル(約38億円)です。

ニューヨーク・ポストによりますと、訴えたのはブラジルのメロドラマのスターであるエイドリアン・フェレイルさん28歳。子役でデビューした後、2002年のメロドラマ「マルソル」が大ヒット、国民的なスターになりました。現在はニューヨークの名門コロンビア大学で経済を勉強しています。

エイドリアンさんは、ソロス氏がベッドの上でビンタし、首を絞めたと訴えています。(ソロス氏は否定しています)さらに、ソロス氏がマンハッタンのアッパーイーストにある190万(約1億4000万円)ドルのアパートを買う約束をしたのに、その部屋を別の女性にプレゼントしてしまい契約違反だとエイドリアンさんは主張しています。

 ソロス氏は複数の女性と交際、エイドリアンさんとは5年に渡り関係を持ったそうです。訴えられたソロス氏は謝罪し、エイドリアンさんに430万ドル(約3億3000万円)の価値がある別のアパートを買うことを申し出ています。

ジョージ・ソロス氏は、スキャンダルもビッグですね。

[August 12, 2011] No 010480
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ