2分でわかるアメリカ

2011/07/08集団が好きなジャパニーズ


今週はじめ実家に帰りました。家族全員で帰るのは3年ぶりです。実家で、妻と娘が僕の子どもの頃の写真アルバムを見ていたのですが2人とも共通して違和感を覚えたことがひとつあります。

小学校の卒業式、京都への修学旅行、高校の卒業アルバム。「団体の写真ばっかり」。確かに僕の青春時代の思い出がつまったアルバムには、クラス全員で撮った写真ばかりが目立ちます。笑顔がなく誰もが直立不動で整列した写真です。両親の写真アルバムも温泉で撮った写真、結婚式の写真、いずれも集合写真ばかりです。

妻は大学までロシア、大学院はアメリカなのですが、集合写真は一枚もありません。小学校を卒業したばかりの娘は集合写真が2、3枚あるのですが、いずれも土曜日だけ勉強している日本人学校のものです。アメリカの小学校での写真はスナップ写真ばかりで、クラス全員で撮影された写真は一枚もありません

集合写真を撮るのは日本人だけか。中国人の団体が集合写真を撮影していたのを何度か目撃しましたので、アジアの文化なのか。

いずれにしても、アメリカは個人が中心なのに対し、日本人は集団主義なのは間違いありません。昔のハリウッド映画に登場する旗を持ったガイドに先導される日本人の団体客はさすがに見なくなりましたが、外国から見ると日本人はいつもグループで行動しています。

会社の同僚の近親者が亡くなった際に、会社の同僚全員が通夜や葬儀に参加するのは、やはり団体の一部だから。アメリカでは面識のない人の葬儀に出席することはありえませんし、冠婚葬祭はあくまでもプライベートなイベントで会社や会社の同僚が関与することはありません。

日本の団体意識、集合体での行動にもいい面が多くあります。しかし、その社会には飛び抜けた人材や個性的な提案が生まれる率は低いかもしれません。

[July 07, 2011] No 010452 
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ