2分でわかるアメリカ

2011/06/22ソフトパッチとハードパッチ


最近、SOFT PATCH(ソフトパッチと発音)という言葉を耳にしたり目にしたりします。バナナなどが傷んで柔らかくなった部分、または地面がぬかるんでいる時に使う英語の表現なのですが、経済用語では景気が回復する過程で一時的に足踏みをする状態を指します。

FRBの前議長であるグリーンスパン氏が使用したことで、ウォール街やワシントン、そしてメディアなどで幅広く使用されるようになりました。

アメリカ経済が減速していることを示す経済指標が過去2、3週間で相次ぎました。ウォール街やメディアは「これはソフトパッチ」と表現しています。また、ソフトパッチとFRBの金融政策の関係にも注目が集まっています。

FRBは、アメリカの金融政策を決めるFOMCをきょう21日から2日間に渡って開いています。去年11月に決めた6000億ドルの国債の追加買い入れ(QE2)がもうすぐ終了します。  

FRBの量的緩和策によって、外国為替市場ではドル安が進み、今年春の株高や商品高を招いたとされています。しかし、ウォール・ストリート・ジャーナルは「量的緩和が安定した自律的な回復につながった過去の事例はほとんど見当たらない」と指摘しています。

ウォール街またはマーケット関係者は、FRBのバーナンキ議長はFOMC後に予定している記者会見で、いまの景気減速は一時的な現象つまりソフトパッチだとの見方を示すものと予想しています。ソフトパッチであれば「一時的」ですので、新たな国債追加買い入れ(QE3)が実施されない可能性が高いとみられます。

アメリカの投資アドバイザーの多くは「100から年齢を引いたパーセントを株式に投資するべき」と顧客にアドバイスしています。つまり、30歳の人は「100-30」の70%を株式に投資、50歳の人は資産の半分を株式投資するのが「賢い」としているのです。

株式相場は先月1カ月で7%下落しました。その一方、ガソリン価格は今年はじめから21%上昇しました。消費者の心理が悪化するのは当然と言えます。2番底を表すハードパッチ(HARD PATCH)またはラフパッチ(ROUGH PATCH)になるか、それとも広く考えられているソフトパッチなのか、消費者の動向次第です。

[June 21, 2011] No 010440

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ