2分でわかるアメリカ

2011/06/14久しぶりにカッコいいアメ車


けさビーチまで往復1時間歩いたのですが、モンタナ通りという商店街で3台の電気自動車を見ました。白いGMのボルトが2台、そして日産のリーフ。

僕が住むサンタモニカは環境への意識が高い人が多く、市内にあるトヨタのディーラーはカリフォルニアで最もプリウスを売る店として知られています。カリフォルニアは全米最大の自動車市場で、アメリカは世界最大の市場ですので、トヨタ・サンタモニカは世界で最もプリウスを売る店だと思います。たぶん。  

サンタモニカ以外でも環境に敏感な街が多く、世界の排気ガス規制はこれまでカリフォルニア州がリードしてきたといっても過言ではありません。このカリフォルニアでまた新たな自動車の排気ガスを厳しく制限する法案が出される方向で、業界は頭を悩ませています。

カリフォルニア議会の法案は、カリフォルニアで販売する自動車の5.5%を排気ガス・ゼロいわゆるゼロ・エミッションにすることを各メーカーに義務付けるもので、2018年までに達成できない場合は一台当たり5000ドル(約40万円)の罰金が科せられるという厳しいものです。2025年には、電気自動車の割合を14%まで引き上げることも含まれています。

これに対し自動車メーカーは大反発。ウォール・ストリート・ジャーナルは、アジアのメーカー、特にホンダをはじめとする日本のメーカーが強く反発していると伝えています。ホンダを含めた自動車メーカーなどを代表する業界団体は、法案は消費者を無視するものだと批判しています。

このコメントを聞いて思ったのは、アメリカの消費者は電気自動車に乗りたがっていて、法案は消費車を無視したとは言えないのではないか、ということです。「次のクルマはボルト」と言っているアメリカ人の友人が沢山います。友人はメルセデスやBMW、レクサスなどの高級車を乗っていますが、2,3年以内に全員ボルトに買い替えそうです。

個人的に、ボルトのデザインは先進的で久しぶりにカッコいいアメ車だと思います。カリフォルニアの法案は9月以降に本格審議されますが、ボルトみたいなクルマが増えることは個人的に大賛成です。新興国市場が伸びていますが世界最大の市場であるアメリカを無視できませんし、電気自動車の開発には多額の開発費が必要で、法案をきっかけに自動車業界の再編が進む可能性がありそうです。

[June 13, 2011] No 010435

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.16 更新政府閉鎖のネガティブ効果メキシコ国境の壁建設の予算をめぐるトランプ大統領と民主党の対立が続いています。解決に向かう兆候はまったくみられません。9つの省庁の予算が切れ、政府機関の約25%…
  • 2019.01.15 更新破たんした電力会社、どうなるカリフォルニアで起きた山火事をめぐり、一因をつくったとされる電力大手PG&Eが今月29日にチャプター11(日本の民事再生法に相当する連邦破産法第11条)の適用を…
  • 2019.01.12 更新お金持ちの掟:いまの時代の離婚アマゾン・ドット・コムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、25年連れ添ったマッケンジー夫人と離婚します。有名人の離婚がメディアを騒がすのはアメリカも日本も同じ…
  • 2019.01.11 更新経済好調でも売れないアメリカの店クリスマスの時期にニューヨークを訪れた際、人の多さに驚きました。広大な地域に人口が分散しているロサンゼルスから来たせいもあるかもしれません。それでも、あの混雑は…
  • 2019.01.10 更新驚くほど安定する人民元金融マーケットが不安定化する中、人民元は驚くほど安定している。ウォールストリートジャーナルが大きく報じました。現在の対米ドル相場は、3ヵ月半ぶりの高値である6.…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ