2分でわかるアメリカ

2011/06/04米も震える「危険な野菜」


ドイツのハンブルグを発生源とする大腸菌O-104による食中毒がヨーロッパ全土に広がっています。イギリス、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、スイス、スペイン、オーストリアなどでも感染が報告されています。

これまでに18人が死亡、少なくとも1600人が食中毒を訴えました。当初はスペイン産のオーガニックのキュウリが原因とされていましたが、「シロだったことが判明、原因がトマトなのか、レタスなのか、他の野菜なのかいまだ特定されていません。

ロシアは、ドイツやスペイン産のキュウリやトマトなどの輸入を禁止したほか、ベルギーやドイツなどでもスペイン産キュウリの輸入を事実上ストップしています。パニック状態と言えるほど食の安全が脅かされています

アメリカでは、対岸の火事ではなく、同様の食中毒が発生する可能性があると専門家はみています。1993年にファーストフードの肉からO-157が大量に検出され社会問題になった他、2006年にはホウレン草から毒性が強い大腸菌が発見されスーパーマーケットからホウレン草が消えました。

アメリカ国内の大腸菌などによる食中毒は年平均6万3000件他の原因を含めると年間11万2000人のアメリカ人が食中毒の被害を受けている」とAPが報じています。こうしたことから、今回のヨーロッパの食中毒には関心が高く、ニューヨーク・タイムズなどアメリカの主要メディアが連日トップ級で報じています。  

ヨーロッパの食中毒拡大を受け、アメリカの保健当局は、アメリカで野菜や肉の検査を強化しました。また野菜農家は、野菜畑と家畜との間に一定の距離を置く対策を取っていますが、毒素が強い病原菌が排除されるとの保証はありません。

グローバル化が進み、世界中の病原菌が短期間で広がるリスクが高まっています。また、昔と比べ衛生管理が進んだ結果、人体の抵抗力が弱まっていることが被害を大きくしているとの指摘もあります。

いずれにしてもアメリカではオーガニックブーム。依然より野菜を多く採る傾向があり、大腸菌を巡る騒動は当面続きそうです。

[June 03, 2011] No 010429

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.19 更新トランプ関税、今度はウラン?※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)先月末から今週初めにかけて、北朝鮮が高濃縮ウランの生産を強化…
  • 2018.07.18 更新ゴールドマンの次期CEOはクラブDJ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの金融機関大手ゴールドマン・サックスが17日、第2四…
  • 2018.07.17 更新遅刻の常習プーチン、擁護したトランプロシアのプーチン大統領は遅刻常習犯として知られています。日本の安倍首相、ドイツのメルケル首相、イギリスのエリザベス女王、ローマ法王をはじめ数多くの要人との会談に…
  • 2018.07.14 更新「対中関税確率60%」、イバンカさん打撃※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ政権が今週10日、中国から輸入する2000億…
  • 2018.07.13 更新トランプ大統領の交渉術※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)ベルギーのブリュッセルに駐在していた際、空港近くにある北大西洋…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカがわかる)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ