2分でわかるアメリカ

2019/01/12フェイクな非常事態も

メキシコとの国境に壁を建設する予算をめぐるトランプ大統領と議会の対立で、双方が歩み寄る兆しが全くありません。9つの省庁、全体の25%にあたる予算が未成立。予算切れによる政府機関の一部閉鎖が11日で21日目に入りました。1995年のクリントン政権下で起きた過去最長に並びました。

トランプ大統領は10日、非常事態を宣言してでも壁建設の必要性を訴える目的でメキシコとの国境があるテキサス州マッカレンを訪問しました。「犯罪が多発してカオスだ。死者が出ている」とトランプ大統領が強調しました。しかし、大統領に同行したABCの記者が現地の当局者にインタビューしたところ、去年の犯罪による死者はゼロだったことがわかりました。

ニューヨークタイムズは、トランプ大統領が「フェイクな非常事態」を宣言しようとしているとして、誰かが紳士的に方針を変えるよう進言する必要があると社説で主張しました。

ロサンゼルスタイムズは、メキシコ国境の壁の公約という自らまいた種から逃れるため、国家非常事態を宣言しようとしているとするコラムを掲載しました。アメリカでは伝統的に選挙公約は深い意味をもたないとしています。

ワシントンポストは、メキシコとの国境の壁を建設するための予算について、議会を通さず、甚大な自然災害の被害を受けた地域の復興費の一部をつかうことをホワイトハウスが検討していると報じました。

ニューヨークタイムズは、空っぽのホワイトハウスのデスクに未払いの請求書が山積みになっていると伝えました。ホワイトハウスの359人の正規職員のうち156人しか勤務が認められていないとしています。

11日は連邦政府職員の給与日でしたが、80万人の職員の口座への振り込みはありませんでした。政府機関の一部閉鎖があと2週間続けば、経済的損失が60億米ドルを超えるとS&Pが試算していて、トランプ大統領が要求している壁建設予算を超えることになるとCNBCが報じました。CNBCはまた、空港管制官の組合が、政府閉鎖に絡む給与未払いでトランプ政権を訴えたと伝えました。

[January 11, 2019] No 031844047

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…
  • 2019.03.19 更新 FRBドットチャート、どう変わるかアメリカの中央銀行であるFRBが19日と20日に金融政策を決める会合(FOMC)を開きます。今週のマーケットの最大の材料になりそうです。政策金利は据え置くとの予…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ