2分でわかるアメリカ

2018/05/12トランプ劇場、国内はドタバタ

イラン核合意からの撤退、北朝鮮の金正恩委員長との首脳会談に向けた急な動き。日本をはじめ海外では、トランプ外交が大きく報じられています。一方、アメリカ国内の主要メディアは、外交よりホワイトハウス周辺のドタバタがトップ級のニュースになっています。

11日の最大のニュースは、通信大手のAT&TのスティーブンソンCEOが社内向けメモで、トランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏を顧問に雇ったことが「big mistake(大きな間違い)」だったと指摘しました。同時に、法務チームのトップが退任することも明らかにしました。

独占禁止法の政策動向を探るため、AT&Tは2017年1月にコーエン氏に60万米ドル(約6570万円)を支払いました。コーエン氏は先月、選挙法や銀行に対する詐欺などの疑いで強制捜査を受けています。

ニューヨークタイムズは、AT&Tがコーエン氏への支払いを公開したタイミングは、タイムワーナーの買収をめぐり司法省と裁判で争う重要な時期だったとトップで報じました。

ロサンゼルスタイムズは、AT&Tがコーエン氏を雇ったことは法的に問題ないが、AT&Tが恥をさらすことになったと伝えました。

ウォールストリートジャーナルによりますと、AT&Tが顧問料を支払った先はコーエン氏個人が保有するエッセンシャル・コンサルタンツで、トランプ大統領と不適切な関係にあったポルノ女優に対する口止め料を支払った法人と同じでした。

一方、トランプ政権のニールセン国土安全保障長官の去就も大きなニュースになっています。重要閣僚が再び交代するかもしれないと。トランプ大統領が9日の閣議でメキシコとの国境の警備に不満を募らせ、ニールセン長官を大声で批判しました。

ニューヨークタイムズとポリティコはニールセン長官が辞表を準備していると報じました。ワシントンタイムズは、 トランプ大統領がニールセン長官にいつも不満だったと伝えました。

[May 11, 2018]  No 031843892

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.21 更新注目されたFOMC議事録、こう読むFRBが20日、1月29日と30日に開催した金融政策を決める会合(FOMC)の議事録を公表しました。会合後にパウエル議長がタカ派からハト派に転じたことなどで、ウ…
  • 2019.02.20 更新「核放棄しない」北朝鮮とトランプの交渉力アメリカの首都ワシントンで米中の貿易をめぐる次官級協議が19日再開しました。21日からは閣僚級交渉が2日間の日程で予定されています。今週は米中協議がワシントンの…
  • 2019.02.16 更新米中協議は進展、それとも不調?アメリカと中国が北京で開いた貿易をめぐる閣僚級協議が15日、2日間の日程を終えました。両政府は来週、ワシントンで6回目(今年3回目)となる閣僚級協議を行う予定で…
  • 2019.02.15 更新実は弱かった米年末商戦、9年ぶりの大幅減アメリカ商務省が14日発表した2018年12月の小売売上高は季節調整済みで前月比1.2%の減少でした。コンセンサス予想は0.1%増でしたので、それを下回り予想外…
  • 2019.02.14 更新ドル高が影響? 米CPI横ばいアメリカ労働省が13日発表した1月の消費者物価指数(CPI)は3ヵ月連続で前月から横ばいでした。0.1%上昇がコンセンサス予想でしたので、それを下回りました。前…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ