2分でわかるアメリカ

2017/12/2313兆円吹っ飛ぶ、急落したビットコイン

代表的な仮想通貨ビットコインが22日の取引で一時1万1000米ドルを割りました。5日前につけた最高値から40%超下げました。時価総額が1200億米ドル(約13兆6000億円)消えた計算です。

規模が2番目に大きい仮想通貨イーサリアムは24時間で26%下落。別の仮想通貨ライトコインも32%安と急落しました。

18日に取引を開始したシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の先物も急落。急激な価格変動を抑えるサーキットブレーカーが発動し、一時中断しました。アメリカ最大規模のビットコイン取引所コインベースも取引を一時停止しました。

ウォールストリートジャーナルは、ビットコインの急落を大きく報じました。このところ仮想通貨が急上昇したことを受け、中央銀行、官僚、大手銀行幹部らが懐疑的な見方を表明、バブルがはじけて悲惨な終わりを迎えるとの見方もあるとしています。韓国、日本、他のアジア諸国でビットコインの売買高が急増していたと解説しました。(ビットコインの取引シェアの約40%が日本とされています)

RWマーケット・アドバイザリーのストラテジストは、CNBCに出演、仮想通貨の下げは「非常に正常」だとしながらも、さらに売り込まれると、他の金融商品にも影響する可能性があると警告しました。

ABCニュースは、ビットコインを大量に盗むなど、北朝鮮政府が後ろ盾となったハッカーがサイバー犯罪を拡大させていることはほぼ間違いないと報じました。韓国の取引所ユービットが資産の17%を失い破たんしたが、北朝鮮のサイバー犯罪集団「lazarus(ラザラス)」の仕業だと専門家が指摘しているとしています。

ニューヨークタイムズは、飲料メーカーの「ロングアイランド・アイスティー」が、社名を「ロング・ブロックチェーン」に変更して注目を集めたが、ブロックチェーンを使ったビットコインの行方については見方が分かれていると伝えました。ウォール街では珍しくゴールドマンサックスが、仮想通貨のトレーディング部門を立ち上げたとしています。

アメリカ東部時間の25日月曜日はクリスマスのため連邦祝日。お休みし、26日(日本時間の27日朝)に再開します。

[December 22, 2017]  No 031843803

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.18 更新米の対中輸入が急減、トランプ政策が寄与?アメリカ商務省が17日発表した2月の貿易赤字額は前月比3.4%減の493億8200万米ドルと、2018年6月以来の低水準となりました。予想の535億米ドルと比べ…
  • 2019.04.17 更新円もユーロもこう着、いずれ大きく動く?一般には馴染みが薄い「ボラティリティ」という言葉をマーケット関係者が頻繁に使います。相場の振れ幅、変動を意味します。米ドル/円は1米ドル=112円ちょうど近辺に…
  • 2019.04.16 更新ゴールドマンに対する冷たい指摘ウォール街の雄とされるアメリカ金融大手ゴールドマンサックスが15日発表した第1四半期(4−6月)の決算は、ほぼ全ての業務で減収となりました。ただ、1株利益は予想…
  • 2019.04.13 更新株が高い、好決算が押し上げ12日のニューヨーク株式相場は高く推移しました。ダウが269ポイント(1.03%)上昇したほか、S&P500、ナスダック、中小企業の指数ラッセル2000…
  • 2019.04.12 更新中国、EUの次は日本、米政権が求めるもの日本とアメリカの両政府は、来週初めにワシントンで新たな貿易協定を交渉する初会合を開きます。茂木経済再生担当相が訪米、ライトハイザー通商代表と物品関税の撤廃や削減…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ