2分でわかるアメリカ

2017/12/08セクハラで上院議員が辞意、トランプ氏に皮肉

タイム誌は6日、年末恒例の「Person of the Year(今年の人)」にハリウッドや政界などでスキャンダルに発展したセクハラ問題を告発した「The Silence Breakers(沈黙を破った人々)」を選んだと発表しました。


その翌日の7日。ミネソタ州選出の民主党のアル・フランケン上院議員が年内にも辞任する意向を示しました。全てのネットワーク、ケーブルTVのニュースチャンネルがフランケン上院議員の記者会見を生中継。関心の高さを示しました。フランケン上院議員に対しては、元兵士を含む7人の女性がセクハラ行為を受けたと訴えていました。民主党の上院議員の過半数が、フランケン氏の辞任を求めていました。


下院では、最古参の民主党のコンヤーズ下院議員が5日、セクハラ疑惑で辞任しています。


ニューヨークタイムズは、フランケン上院議員はセクハラ疑惑で辞任した最も有名な人物になったと伝えました。


ワシントンポストは、民主党内の圧力でフランケン上院議員が辞意を表明したことについて、政治課題としてのセクハラ問題の重要度が増していることを示す形になったと報じました。同時に、セクハラ疑惑を抱える共和党のムーア氏がアラバマ州の来週の上院補選から立候補を取り下げないとして、共和党が民主党と対照的な対応をみせているとしています。


ウォールストリートジャーナルは、フランケン上院議員のセクハラ疑惑が、女性の権利問題を重視し、トランプ大統領の女性に対する不適切な行為を批判していた民主党にとって頭痛の種になっていたと解説しました。フランケン上院議員は記者会見の中で、「セクハラ行為を繰り返した人物がオーバルオフィス(大統領執務室)に座り、少女を餌食にした男が共和党の全面支持を得て上院補選に立候補しているのは皮肉だ」と語ったとしています。



 [December 07, 2017]  No 031843793

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ