2分でわかるアメリカ

2017/11/25今年のブラックフライデー、ちょっと違う

サンクスギビンデー(感謝祭)が終わり、24日は「ブラックフライデー」。1年で最も値引きされる日、最もモノが売れる日とされています。

全米小売業協会は、24日から27日「サイバーマンデー」までの4日間で、1億6400万人が買い物をすると予想しています。クリスマスまでの年末商戦が本格化します。

賃金の上昇、低い失業率、消費者信頼感指数の上昇を背景に、強い年末商戦が予想される中で、ブラックフライデーがスタートしたが、値引率は低めだとウォールストリートジャーナルが報じました。

ブルームバーグは、オンラインへの移行、セール期間の延長などでブラックフライデーの人出が一部で懸念されたが、モールやデパートが混雑していて「ブラックフライデーは全く死んでいない」と解説しました。ブラックフライデーに買い物を計画している人が1億1500万人もいるとしています。

フォーチュンは、ウォルマート、メイシーズ、ギャップ、ベストバイなどの小売大手は、ブラックフライデーで実店舗での販売の強さを投資家に証明する必要があると伝えました。

CNBCは、アメリカ人の3分の1が買い物をする最大の「ショッピングデー」について、オンラインの売上が増えているが、実店舗にも買い物客が押し寄せていると伝えました。ニューヨーク株式マーケットでは、JCペニー、ベストバイ、アマゾンなど小売関連株が買われているとしています。

今年の目玉は、Apple Watchなどのアップル製品やスニーカーとされています。自動車ディラーもブラックフライデーのセールを積極的に宣伝しています。

[November 24, 2017]  No 031843784


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.21 更新トルコの次を心配する投資家
  • 2018.08.18 更新再び売られたトルコリラ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)世界のマーケットに影響した「トルコショック」。今週初めに急落…
  • 2018.08.17 更新米300紙、トランプ大統領からの攻撃に対抗※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカの300を超える新聞が16日、報道の自由を擁護する社…
  • 2018.08.16 更新新興国からマネー流出、ベア領域※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「トルコ・ショック」が新興国に連鎖しています。震源のトルコリ…
  • 2018.08.15 更新エルドアン大統領、iPhoneと米ドル買うな※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコのエルドアン大統領は14日、iPhoneなどアメリカの…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ