2分でわかるアメリカ

2017/10/28予想大幅超え、アメリカ経済が強い

アメリカ商務省が27日発表した第3四半期(7-9月)の速報値は、季節調整済み年率換算で前期比3.0%増加しました。8月下旬以降に相次いだ大型ハリケーンの被害の影響が懸念されましたが、予想(2.5%増)を大幅に上回りました。

ワシントンポストは、アメリカ経済が第3四半期に3%増加、トランプ大統領の勝利だと報じました。

ウォールストリートジャーナルは、6カ月間の経済成長は過去3年で最高で、力強いモメンタムが今年最後の四半期も続く可能性が示されたと伝えました。エコノミストの多くが第4四半期は2〜3%の成長になると予想、2017年の通期の成長は2%を超えそうだが、トランプ大統領の目標である3%は下回りそうだと解説しました。

ニューヨークタイムズは、トランプ大統領が前政権より強い成長を公約したが、1.5%の成長にとどまった2016年と比べ、今年の経済成長は高い成長を維持していると報じました。ただ、世界的に経済が拡大していて、アメリカ経済の強い成長は政権交代だけが背景ではないとエコノミストが指摘しているとしています。

ロイターは、GDP統計の内容はまちまちだが、短期的な金融政策に影響することはないとみられ、FRBは12月会合で今年3度目となる利上げを決める見込みだと解説しました。

フィナンシャルタイムズは、堅調なGDPを受け、マーケットが来週発表される10月の雇用統計が大幅な雇用増になると予想していると伝えました。


[October 27, 2017]  No 031843765

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…
  • 2019.03.19 更新 FRBドットチャート、どう変わるかアメリカの中央銀行であるFRBが19日と20日に金融政策を決める会合(FOMC)を開きます。今週のマーケットの最大の材料になりそうです。政策金利は据え置くとの予…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ