2分でわかるアメリカ

2017/10/14米ドルの方向決めるFRB人事

FRBのジャネット・イエレン議長の任期が来年2月で切れます。次期議長は過去に、10月遅くとも11月に指名されています。

トランプ大統領はイエレン議長を再任する可能性を残しています。同時に、ジェローム・パウエル理事、ケビン・ウォーシュ元理事、ゲイリー・コーン国家経済会議委員長とも後任候補として面談しました。11日には、スタンフォード大学のジョン・テイラー教授と会いました。それぞれの面談に、ムニューシン財務長官も同席しています。

候補者は、金融緩和の継続、緩やかな利上げを主張するハト派と、利上げペースを速めることを主張するタカ派に大きく分かれています。ハト派なら米ドル安、タカ派なら米ドル高。人選によって米ドルの方向が変わると指摘されています。最有力と噂される候補が毎週変わり、予断を許しません。

ウォールストリートジャーナルは、FRBの次期議長候補について、不安定な経済を支援するため金融緩和を好むイエレン議長とパウエル理事の2人、そしてFRBの超緩和策を批判するテイラー教授とウォーシュ元理事に二分していると解説しました。トランプ大統領がどちらの金融政策の方向を好むかは不透明だとしています。

FRBのパウエル理事がイエレン議長よりタカ派だとの見方もあります。CNBCは、パウエル理事が次期議長に選ばれれば、利上げペースを速める可能性があると伝えました。ポリティコは、ムニューシン財務長官が、パウエル理事をトランプ大統領に推薦していると報じました。

ケリー大統領補佐官が、トランプ大統領は候補者面談をさらに進める予定だと述べたとブルームバーグが伝えました。一方、ロイターは、ムニューシン財務長官は、トランプ大統領が11月にFRBの次期議長を指名するだろうと語ったと報じました。指名時期の期限は設けていないとしています。

 
[October 13, 2017]  No 031843756

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.05.24 更新陰謀説「スパイゲート」って何?トランプ大統領は23日朝、「SPYGATE(スパイゲート)が歴史上で最大の政治スキャンダルになる可能性がある」とツイッターに投稿しました。「犯罪が深く根ざした国…
  • 2018.05.23 更新「エルドアノミクス」を警告、トルコリラ急落格付け会社のフィッチは22日、金融政策の独立性が大幅に後退すれば、トルコのソブリン格付けを一段と圧迫することになると警告しました。エルドアン大統領の発言の影響が…
  • 2018.05.22 更新中国に敗北したトランプ政権今月初めの北京に続き、ワシントンで開かれた2回目の貿易をめぐるアメリカと中国の閣僚級協議が19日に終了しました。米中は、「中国がアメリカの製品とサービスの購入を…
  • 2018.05.19 更新マーケットが恐れる「イタレグジット」今年3月4日のイタリア総選挙で2大政党となった大衆迎合主義(ポピュリズム)の政党「五つ星運動」と、移民排斥を訴える極右政党「同盟」が18日、連立政権を樹立するた…
  • 2018.05.18 更新ロシア疑惑捜査丸1年、どう終わるか2016年のアメリカ大統領選で、トランプ陣営がロシアと結託して介入したか。いわゆる「ロシア疑惑」を専門に捜査するモラー特別検察官のチームが発足してから、17日で…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ