2分でわかるアメリカ

2017/09/28米大型減税、どうやって補う?

アメリカのトランプ政権が27日、税制改革案を公表しました。焦点だった法人税率は現行の35%から20%へ引き下げる方針を示しました。個人所得税については、区分を簡素化し、中間層の減税を柱にしました。また、住宅ローン金利分の控除などを維持しました。


税制改革案は、トランプ大統領と共和党指導部が時間をかけて協議、合意したものです。これを「たたき台」として、議会での法案作成作業が本格化することになります。


トランプ大統領はこれまで一貫して法人税率を15%まで引き下げると公約しました。しかし、財源確保のために見込んでいだ医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しに共和党が失敗しました。国境での特別税を導入する案も消えました。財源のめどが立たず、法人税率を15%ではなく、20%に後退させた格好です。


9ページの税制改革のフレームワークによると、富裕層、中間層、法人税の減税などが詳しく示されましたが、減税分を補う財源という重要な要素については詳細に欠けました。ワシントンポストは、完全な計画からはほど遠い内容だったと解説しました。富裕層には高い税率を課すと同時に、富裕層に恩恵となる多くの改革案を盛り込んだとしています。


ニューヨークタイムズも同様のトーンで報じました。改革案によって大幅に増える連邦政府の赤字をどう補填するかなどの最も難しい問題は、議会に判断を委ねたとしています。


ロサンゼルスタイムズは、トランプ政権と共和党による税制改革案について、企業が好む内容が多く盛り込まれたが、それ以外のすべての人が多くの疑問を抱いたと伝えました。


 
 [September 27, 2017]  No 031843744

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.05.21 更新ドイツ銀行が騒がしいヨーロッパを代表する金融機関のドイツ銀行の危機が噂されてから久しい。4年前に再建戦略が発表され、去年末からコメルツ銀行との合併計画が進んでいました。しかし、再建…
  • 2019.05.18 更新日本に迫るトランプ氏、関税か数量規制アメリカのトランプ大統領は17日、自動車に追加関税を発動するかの判断を最大で180日間先延ばしすると正式に発表しました。声明で、自動車の輸入増加は「安全保障上の…
  • 2019.05.17 更新チャットで為替操作、EU制裁金1310億円EUの執行機関である欧州委員会は16日、銀行が共謀して外国為替相場を操作、EU競争法(独占禁止法)違反と判断したと発表しました。5つの銀行が合計10億7000万…
  • 2019.05.16 更新イラン脅威は本物?矛盾する米と同盟国アメリカとイランの緊張が高まっています。イラン政府が核合意の一部停止を表明し、アメリカのトランプ政権が空母や爆撃部隊をペルシャ湾岸に派遣。週末にはホルムズ海峡で…
  • 2019.05.15 更新長期化も、ツイートに揺れる米中貿易戦争アメリカのトランプ政権は13日、現在関税がかかっていない3250億米ドル(約35兆円)相当の中国製品・産品に対し最大25%の関税を課す計画を発表しました。対中制…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ