2分でわかるアメリカ

2017/09/20「ロケットマン」に威嚇、「完全に破壊する」

アメリカのトランプ大統領は19日、ニューヨークの国連本部で、一般演説をしました。北朝鮮、イラン、シリア、ベネズエラなどを批判、ISISなどのテロの問題、人権問題、国連改革など幅広い分野で自らの考えを示しました。


北朝鮮に関しては、全世界に脅威を与えていると非難した上で、アメリカや同盟国への脅威をやめなければ「完全に破壊するしか選択肢がなくなる」と警告しました。また、弾道ミサイル開発を続ける金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と揶揄、自滅の道を歩んでいると主張しました。


国連を批判してきたトランプ大統領の国連総会での初めての演説を、CBS、 NBC 、ABC、 FOXのすべてのネットワークのほか、CNNやCNBCなどニュース系のケーブルチャンネルも生中継し、関心の高さを示しました。主要紙と通信社は、北朝鮮への非難を中心に速報しました。


ワシントンポストは、トランプ大統領が北朝鮮を完全に破壊すると威嚇、金委員長を「ロケットマン」と呼んだとの見出しを使い、トップ級で報じました。ニューヨークタイムズも、「完全に破壊する」とのトランプ大統領の発言を見出しに、北朝鮮に関するトランプ大統領の演説を大きく報じました。国連の制裁決議を支持したロシアと中国に謝意を示しつつ、北朝鮮との取引をやめるよう間接的に圧力をかけたとしています。


ウォールストリートジャーナルは、北朝鮮が何を求めているのかが、核開発を断念させることが可能かどうかを決めることになるとするコラムを掲載しました。最も恐ろしい可能性は、金正恩委員長が核開発を国内の権力闘争で生き残るための手段にしていることだとしています。外交手段で解決できなければ、アメリカと同盟国が北朝鮮を封じ込める長期的な戦略に向かうことになるが、冷静時代の対ソビエトに対する封じ込め戦略以上に恐ろしい事態になると主張しました。


 
 [September 19, 2017]  No 031843739

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.16 更新英EU離脱の悪夢シナリオイギリスのメイ首相は、EUと合意した離脱後の対応を定めた585ページの協定素案について閣議の了承を取りつけたと14日夜発表しました。一夜明けた15日、ラーブ離脱…
  • 2018.11.15 更新宙に浮く新NAFTAアメリカのトランプ政権が2年に渡る交渉で合意に至った北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し。NAFTAの名前を嫌うトランプ大統領に配慮、新貿易協定は、アメリカ、…
  • 2018.11.14 更新ホワイトハウスが騒がしい中間選挙が終わり、下院は民主党、上院は共和党が主導する「ねじれ議会」が1月にスタートします。アメリカ政治の次の大きな節目は2020年11月に実施される大統領選。…
  • 2018.11.13 更新米ドル指数が急上昇、海外要因で12日の欧米の外国為替マーケットでは米ドルが目立って上昇しました。リスク回避で円も買われたため、米ドル/円は小動き。ただ、マーケット全体では米ドルの上昇が顕著で…
  • 2018.11.10 更新原油安で株安、心理はリスク回避直近の高値から20%超下落しベア(弱気)相場入りしたニューヨークのWTI。続く形で、原油のもう一つの国際的な指標であるロンドンの北海ブレントが9日の取引でベア相…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ