2分でわかるアメリカ

2017/09/16北朝鮮の脅威、日本が危ない

北朝鮮が日本時間の15日午前6時57分ごろ、平壌郊外から東北東に中距離弾道ミサイルとみられる飛翔物体を発射しました。約7分後に北海道の上空を通過、午前7時16分ごろ太平洋上に落下しました。
 
ウォールストリートジャーナルによりますと、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは1998年以来6度目です。また、ロサンゼルスタイムズは、北朝鮮のミサイル発射は今年15度目、2011年に金正恩委員長が就任して以降、60回以上発射していると伝えました。

日本上空を通過した8月29日に発射したミサイルと比べ飛行距離が約1000キロ延びたことから、日本では「グアムが射程内」「アメリカを想定したか」などとする報道が目立ちました。

アメリカでは、対照的に、今回の北朝鮮のミサイル発射はアメリカに直接脅威を与えるものではないとして、控えめな報道が目立ちました。日本が危険にさらされているとの報道が少なくありません。

ニューヨークタイムズは、北朝鮮がグアムを含めどこにミサイルを発射しても日本の領土を通過するのは避けられないが、日本に配置されている迎撃システムは、ミサイルが下降する際にしか機能しないよう設計されていると解説しました。さらに、アメリカに向かうミサイルを撃ち落とすことが憲法上許されるかは不明であり、ミサイルに対する先制攻撃のイニシアティブがないとしています。北朝鮮の脅威が増し、日本が権利の再評価に迫られていると伝えました。

BBCは、予告なく北朝鮮がミサイルを発射するため、東京や大阪へ向かう民間機のフライトにリスクがあると報じました。北朝鮮が民間機のデータにアクセスできるため、事故を回避しようとするだろうが、ミサイルが計画ルートを外れた場合、飛行中に爆発し破片が飛び散るなどのリスクが残るとしています。

[September 15, 2017]  No 031843737

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.16 更新英EU離脱の悪夢シナリオイギリスのメイ首相は、EUと合意した離脱後の対応を定めた585ページの協定素案で閣議の了承を取りつけたと14日夜発表しました。一夜明けた15日、ラープ離脱担当相…
  • 2018.11.15 更新宙に浮く新NAFTAアメリカのトランプ政権が2年に渡る交渉で合意に至った北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し。NAFTAの名前を嫌うトランプ大統領に配慮、新貿易協定は、アメリカ、…
  • 2018.11.14 更新ホワイトハウスが騒がしい中間選挙が終わり、下院は民主党、上院は共和党が主導する「ねじれ議会」が1月にスタートします。アメリカ政治の次の大きな節目は2020年11月に実施される大統領選。…
  • 2018.11.13 更新米ドル指数が急上昇、海外要因で12日の欧米の外国為替マーケットでは米ドルが目立って上昇しました。リスク回避で円も買われたため、米ドル/円は小動き。ただ、マーケット全体では米ドルの上昇が顕著で…
  • 2018.11.10 更新原油安で株安、心理はリスク回避直近の高値から20%超下落しベア(弱気)相場入りしたニューヨークのWTI。続く形で、原油のもう一つの国際的な指標であるロンドンの北海ブレントが9日の取引でベア相…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ