2分でわかるアメリカ

2017/08/19ホテル、エンタメ、カジノ買収、中国が待った

中国政府は18日、海外資産の買収を公式に規制しました。

公表された政府書類によりますと、海外のホテル、映画館、エンターテインメント企業、不動産、スポーツクラブへの投資が制限されました。また、カジノとアダルト産業の買収を禁止ました。APは、習近平国家主席がトップ企業への影響力を強めたと解説しました。

中国政府は同時に、習近平主席が主導する「一帯一路」プロジェクトへの投資を促しました。

中国は去年、資本の流出を食い止めるため、大口の海外送金や両替を制限しました。しかし、都市ごとに規制の対象が異なるうえ、政府は警告したものの、規制の存在を認めてきませんでした。今回は、中央政府が海外投資の規制を公式に認めたものです。

ウォールストリートジャーナルは、経済成長が減速する中、中国が海外に流出する現金に関するルールを強化したと報じました。資本流出を食い止めるとともに、人民元安を阻止することが狙いだとしています。

ニューヨークタイムズは、中国の企業集団が過剰な借金をして海外の資産を相次いで買収したことに、中国政府が懸念していたと伝えました。国営銀行から低い金利で借り入れた資金で、財閥グループがニューヨークのウォルドルフ・アストリアやAMC映画館チェーンなどの象徴的な資産を買収したとしています。海外企業の買収が公式に規制されたが、政府がどういう形で買収を阻止するかは明確ではないと解説しました。

一方、英テレグラフは、中国政府が海外投資を公式に規制したことで、イギリスの不動産価格が下落する可能性があると伝えました。幅広い層の中国の投資家が、イギリスの不動産を積極的に買っていたとしています。


[August 18, 2017]  No 031843718

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ