2分でわかるアメリカ

2017/08/18市場が注視、ホワイトハウスの最重要人物

トランプ大統領の諮問委員会を有力企業のCEOが相次いで離れ、委員会が空中分解しました。首席補佐官は軍人。首席戦略官は超のつく保守派。ビジネス、経済を重視するトランプ大統領への期待がしぼみつつあります。

こうした中、ホワイトハウスの国家経済会議(NEC)のゲーリー・コーン委員長の去就が注目されています。

コーン委員長はゴールドマン・サックスの元プレジデント。ホワイトハウスに残った唯一の「ビジネス・フレンドリー」の重要人物だとされています。FRBの次期議長の有力候補としても名前があがっています。

CNBCは、バージニア州シャーロットビルの事件をきっかけに、ゲーリー・コーン氏が、ワシントンだけではなく、ウォール街、そしてアメリカ全体で最重要人物に突然浮上したと報じました。ビジネス界、投資界と政権をつなぐキーパーソンだとしています。

そのコーン委員長。トランプ大統領の人種差別発言に嫌気がさし、辞任する可能性があると複数のメディアが伝え、マーケットが一時動揺しました。

ザ・ヒルは、ホワイトハウスがコーン委員長の辞任の噂を否定したと伝えました。国粋主義者のバノン首席戦略官に対抗する有力な人物としてウォール街がコーン氏の去就に注目しているとしています。

ニューヨーク・タイムズは、火曜日の記者会見でトランプ大統領の横に立ったコーン委員長は非常に居心地が悪そうだったと伝えました。ユダヤ人のコーン氏は、トランプ大統領の発言を嫌い、非常に憤慨したと複数の関係者が話しているとしています。コーン委員長の動向を注視していると解説しました。


 [August 17, 2017]  No 031843717

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ