2分でわかるアメリカ

2017/08/10米朝が衝突したら、どうなる

北朝鮮をめぐる緊張。ミサイルに搭載可能な小型の核弾頭の開発に成功した、大陸間弾道ミサイルはニューヨークまで到達する能力がある、グアム攻撃を真剣に検討している。主要メディアの連日の報道を受け、アメリカで北朝鮮問題に対する関心がかつてないほど高まっています。

威嚇、警告、国連安保理の決議を無視する北朝鮮に対するアメリカの選択肢は限られているとされています。実際に米朝が衝突したらどうなるのか。在韓アメリカ軍は2万8000人、日本には5万人のアメリカ軍が駐留しています。

ロサンゼルス・タイムズは、アメリカと韓国の合同軍が北朝鮮に勝つことは間違いないが、傷ついた北朝鮮が最後に戦略的な行動を起こす可能性があると軍事アナリストが分析していると伝えました。クリントン政権下の1994年のシミュレーションでは100万人の犠牲者が出ると試算されたが、韓国ソウル北部の不動産開発が進み人口が増えていて、犠牲者がさらに増える可能性があるとしています。

ニューヨーク・タイムズは、アメリカ軍が攻撃をしかけた場合の北朝鮮の想定されるあらゆる反応を検証したが、いずれも多数の犠牲者が出る試算となったと報じました。核兵器を使わない場合でも、最初の反撃だけで一般市民が3万人死亡するとの分析もあったとしています。

CNNは、アメリカ軍は北朝鮮に軍事展開する準備ができておらず、体制が整うまでに何カ月もかかる可能性があると専門家がみていると解説しました。

ワシントン・ポストは、トランプ大統領が威嚇、警告に失敗すれば、アメリカが信用を失う可能性があるとして、難しい立場に追い込まれたと解説しました。米朝の非難の応酬が続けば、ささいな誤解やミスが戦争を招くとの懸念があるとしています。


 [August 09, 2017]  No 031843711

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新中国当局、投資家の懸念緩和に協調行動中国政府の統計局が19日発表した2018年第3四半期(7−9月)のGDPは前年同月比で6.5%増加しました。エコノミストのコンセンサス予想は6.6%で、それを下…
  • 2018.10.19 更新中国批判強めた為替報告書、日本を引き続き監視アメリカ財務省は17日、主要な貿易相手国、地域の通貨政策を分析した「為替報告書」を発表しました。半期に一度のペースで議会に提出するもので、今回の報告書は4月に続…
  • 2018.10.18 更新注目のFOMC議事録、こう読む※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)FRBが9月25日と26日に開いた前回会合(FOMC)の議事…
  • 2018.10.17 更新失業者数を上回った求人※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ労働省が16日発表した雇用動態調査(JOLTS)によ…
  • 2018.10.16 更新米株式相場はどこへ向かう※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)長期金利の突然の上昇、米中貿易摩擦の激化への懸念、企業の業績…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ