2分でわかるアメリカ

2017/08/05FRB先読み、次の利上げはいつ?

アメリカ労働省が発表した7月の雇用統計は、重視される非農業部門の雇用者数が20万9000人増えました。予想の18万3000人増を上回りました。幅広い業種で雇用が伸びました。

失業率は4.3%で予想通り。注目された時間あたり平均賃金は9セント増、もしくは0.3%増でした。3月以降に鈍化していましたが、再び伸びた格好です。労働参加率は62.9%と、0.1ポイント上昇しました。

トランプ大統領は、「雇用統計は素晴らしい内容。私はまだ始めたばかりだ」とツイッターに投稿しました。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、9月19-20日のFRB会合まで雇用統計があと1回発表されるが、バランスシートの縮小発表は9月会合になりそうだと報じました。ただ、追加利上げについては12月までないとみられ、あと数回の雇用統計やインフレ率の最新データ、個人消費、そしてGDPの発表があるとしています。

ニューヨーク・タイムズは、賃金の伸びの加速は労働者に良いニュースだが、ウォール街はFRBの引き締めのペースが早まると懸念していると伝えました。超低金利が金融市場を盛り上げたが、緩和が終わるとの兆しは株式相場にネガティブだとしています。9月にバランスート縮小を決め、12月に追加利上げするとみられていると解説しました。

フィナンシャル・タイムズは、レストランとバーが雇用を押し上げたとしたと報じました。FRBが12月に追加利上げする可能性があるが、物価の動向次第としています。

ところで、ブルッキング研究所のハミルトン・プロジェクトは、アメリカの雇用市場が7月に2007年11月の水準に戻り、ようやく景気後退から回復したとの報告書をまとめました。しかし、男性と白人の雇用は依然として弱いとしています。


[August 04, 2017]  No 031843709

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.11 更新先が読めないブレグジットイギリスのメイ首相は10日、翌11日に予定していたEU離脱をめぐる法案の議会採決を中止しました。メイ首相は、「離脱案をめぐっては重要点の多くで幅広い支持が得られ…
  • 2018.12.08 更新予想下回った米雇用統計、こう読むアメリカ労働省が7日に発表した11月の雇用統計は、景気を敏感に反映することから重視される非農業部門の雇用者数が15万5000人増となり、前月の改定値23万700…
  • 2018.12.07 更新HUAWEI副会長逮捕の衝撃カナダ司法省は5日、中国の通信機器大手HUAWEI(ファーウェイ)の孟晩舟(メン・ワンツォウ)副会長兼CFOを逮捕したことを明らかにしました。副会長は創業者の娘…
  • 2018.12.06 更新市場混乱後に動いた中国中国政府は5日、アルゼンチンでの米中首脳会談に関し、初めて公式の声明を発表しました。声明は、3月1日までの期限を設けて貿易戦争の終結を目指すことで一致したと明記…
  • 2018.12.05 更新「I Am a Tariff Man」アメリカのトランプ大統領は4日、「私はTariff Man(関税マン)だ。人や国が我が国の富を求めてやってくるが、代償として(関税)を払ってもらう。(関税は)い…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ