2分でわかるアメリカ

2017/07/27迫る北朝鮮の脅威、備え急ぐアメリカ

北朝鮮が来年にも核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の生産に移り、アメリカ本土を核攻撃できる能力を獲得する可能性があるとの分析結果をアメリカ国防省がまとめました。ワシントン・ポストが政府当局者の話として報じました。

これに関連してニューヨーク・タイムズは、2、3週間前まで約4年かかると試算していたアメリカの情報機関が、12カ月に試算を大幅修正したと伝えました。7月4日の北朝鮮の実験をきっかけに見方を変えたとしています。

CNNは、アメリカが朝鮮労働党の金正恩委員長を排除しようと動けば、北朝鮮はアメリカの心臓部を核攻撃すると威嚇したとする朝鮮中央通信の報道を伝えました。CNNはまた、北朝鮮が今週中にも新たな実験を実施する兆しがあると報じました。

北朝鮮のミサイルの最大射程距離と推定される8000キロ圏内には、ハワイのほか、アメリカ本土のアラスカやシアトルが入ります。さらに距離が伸びると、サンフランシスコやロサンゼルスが入ります。

ロサンゼルス・タイムズは、アメリカの各都市が長期にわたりテロ攻撃に備えてきたが、アメリカ西海岸の都市に対する北朝鮮の核ミサイル攻撃は想定してこなかったと解説しました。

ハワイのスター・アドバタイザーは、北朝鮮のICBMが発射後20分でハワイ州に到達する可能性があり、それに備えて州をあげて準備を始めたと報じました。学校での訓練や公務員の対応など具体策を今週末までにまとめるとしています。


[July 26, 2017]  No 031843702

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.09.22 更新「カナダ抜きのNAFTA」の可能性※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)北米自由貿易協定(NAFTA)見直しをめぐり、アメリカとカナ…
  • 2018.09.21 更新トルコ、通貨危機対策に動く※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコのアルバイラク財務相は20日、最大都市イスタンブールで…
  • 2018.09.20 更新南北会談、欧米はこう報じた※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)北朝鮮の金正恩委員長は19日、アメリカが相応の措置を取ること…
  • 2018.09.19 更新「米中貿易戦争は20年続く」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ大統領は17日に2000億米ドル規模の対中追加関税を…
  • 2018.09.18 更新中国が反撃へ?トランプ主導の貿易戦争※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)トランプ政権は17日、中国に対する制裁関税を24日に発動する…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ