2分でわかるアメリカ

2017/07/22NY株式マーケットにみる変化

21日のニューヨーク株式相場は、GEの決算を受け地合いが悪化しました。

GEの決算は、売上高が12%減少。今後の見通しを示すガイドラインは弱気でした。GE株は大幅に下落、1年半ぶりの安値をつけました。マーケット全体の心理が悪化、3つの主要株価指数が下げました。ただ、取引終了にかけて急速に買い戻され、下落率は限定的でした。GEの影響でダウは0.15%安でしたが、S&P500とナスダックは前日の終値近辺に戻りました。

ニューヨーク株式マーケットは、5%を超す調整がないまま上昇基調が続いています。下げてもすぐに戻る。CNBCによりますと、JPモルガンは今週、S&P500の年末目標を上方修正しました。トランプ政権の税制改革がサプライズの株高を導くとしています。

こうした中、ニューヨーク株式マーケットで特筆すべき動きが確認できます。

ウォールストリートジャーナルは、株式相場が最高値の更新を続け、ショートの投資家がポジションを諦めたと報じました。SPDRのS&P500ETFに対するショートが2013年5月以来の水準まで減ったとしています。

株式のショートとは、株を借りて売りオーダーを入れ、予想通り下がったところで買い戻すもの。株価が下落すると利益が出る投資手法です。

一方、フィナンシャルタイムズは、投資家がアメリカ株からヨーロッパ株にシフトしていると伝えました。フランスでマクロン大統領が誕生して以来、ファンドの資金がヨーロッパ大陸の株式マーケットに流入する傾向が強まっているとしています。

ショートが減ったことは株価上昇のサイン、一方で資金がヨーロッパへ流出することはニューヨーク株式相場にとってはネガティブ。最高値近辺で推移するニューヨーク株式相場の行方をめぐり見方が分かれていることがわかります。



[July 21, 2017]  No 031843699


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…
  • 2019.03.19 更新 FRBドットチャート、どう変わるかアメリカの中央銀行であるFRBが19日と20日に金融政策を決める会合(FOMC)を開きます。今週のマーケットの最大の材料になりそうです。政策金利は据え置くとの予…
  • 2019.03.16 更新 ブレグジット、次に何が起きるかイギリス議会が14日、ブレグジット(イギリスのEU離脱)の延期をEUに求める政府動議を賛成多数で可決しました。来週20日までにEUとの離脱合意案を議会が承認する…
  • 2019.03.15 更新米上院がトランプ宣言無効を可決、英議会は3回目の採決へアメリカの連邦議会上院は14日の本会議で、トランプ大統領がメキシコ国境の壁を建設するために発動した国家非常事態宣言を無効にする決議案を賛成59票、反対41票で可…
  • 2019.03.14 更新ブレグジット迷走、「最悪シナリオ」は排除イギリス議会は13日夜の採決で、「合意なき離脱」を支持しないことを賛成321票、反対278票で可決しました。前日には、メイ首相がまとめた離脱修正案を大差で否決し…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ