2分でわかるアメリカ

2017/07/12「トランプ・ジュニア問題」の衝撃

アメリカのトランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏が、去年の大統領選挙中の6月9日に、ロシア人のナタリア・ベセルニツカヤ弁護士とニューヨークのトランプタワーで面会した問題。トランプ陣営が、クリントン陣営に打撃となる情報をロシアから入手しようとした明確な証拠だとして、大きな注目を集めています。

きっかけはニューヨーク・タイムズの9日の報道。トランプ・ジュニア氏は報道を受け、事実を認めたものの、選挙とは無関係だとする声明を発表しました。しかし、民主党のヒラリー・クリントン候補に不利な情報を提供するという申し出だったと追加報道があると、「具体的な内容はなかった」と説明を修正しました。そして、トランプ・ジュニア氏は10日、政敵の情報を収集することは普通のことだと弁護士を通して反論しました。

ニューヨーク・タイムズはさらに11日、面会前、トランプ大統領の元ビジネス・パートナーから「取扱注意の情報だが、ロシア政府がトランプ氏を支持していることを示す一環だ」と電子メールで連絡を受け、トランプ・ジュニア氏は「そうであれば素晴らしい」と直ぐに返答したと続報しました。

トランプ・ジュニア氏は11日、ロシア人弁護士との面会をめぐるメールのやり取りをツイッターで公開しました。これに関しワシントン・ポストは、「ロシア政府の弁護士」と説明を受けた上で面会に応じたことが明らかになったと報じました。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、トランプ・ジュニア氏がメールのやり取りをツイートした直後、ダウが一時100ドル下落、S&P500は0.6%下げたと伝えました。また、金相場が一時急上昇、米10年債利回りが一時急低下したとしています。

ブルームバーグは、トランプ・ジュニア氏が「選挙法違反に問われる可能性がある」と選挙法を専門とする弁護士が話していると報じました。また、「ロシア疑惑」を捜査するモラー特別検察官も注目する可能性があるとしています。


[July 11, 2017]  No 031843691

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.26 更新「モラー報告書」めぐる視点 2016年のアメリカ大統領選でトランプ陣営がロシアと共謀して介入したとされる「ロシア疑惑」。モラー特別検察官が22日、2年近い捜査を終え、報告書をバ…
  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ