2分でわかるアメリカ

2017/06/29高くて買えない

全米不動産業協会が28日発表した5月の中古住宅販売仮契約指数は前月比で0.8%低下しました。3カ月連続のマイナス。前年同月比では1.7%の低下でした。予想を下回りました。

アメリカ北東部、南部、そして西海岸で指数が低下しました。中西部は横ばいでした。

アメリカでは、住宅販売の約9割が中古住宅。仮契約指数は売買契約が成立した件数を指数化したもので、先行指数です。1カ月もしくは2カ月後に販売統計に反映されます。

CNBCは、低価格帯の住宅の需要が大きいものの、価格が高すぎて買えない人が多いと解説しました。在庫が記録的に少ないことも影響しているとしています。

APも、住宅購入を希望している人が高価格と少ない選択肢に苦しんでいると報じました。

ロイターは、在庫の少なさが住宅価格を押し上げていると伝えました。特に、75万米ドルから100万米ドル(約1億1200万円)の価格が前年比で26%も上昇したとしています。

フォーブスは、いずれの主要地域でも住宅販売仮契約が増えなかったとしたうえで、在庫が少なく、価格上昇が急ピッチすぎるとするコラムを掲載しました。金融市場が弱く、景気信頼感が低いことも影響しているとしています。
 

[June 28, 2017]  No 031843683

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.18 更新米の対中輸入が急減、トランプ政策が寄与?アメリカ商務省が17日発表した2月の貿易赤字額は前月比3.4%減の493億8200万米ドルと、2018年6月以来の低水準となりました。予想の535億米ドルと比べ…
  • 2019.04.17 更新円もユーロもこう着、いずれ大きく動く?一般には馴染みが薄い「ボラティリティ」という言葉をマーケット関係者が頻繁に使います。相場の振れ幅、変動を意味します。米ドル/円は1米ドル=112円ちょうど近辺に…
  • 2019.04.16 更新ゴールドマンに対する冷たい指摘ウォール街の雄とされるアメリカ金融大手ゴールドマンサックスが15日発表した第1四半期(4−6月)の決算は、ほぼ全ての業務で減収となりました。ただ、1株利益は予想…
  • 2019.04.13 更新株が高い、好決算が押し上げ12日のニューヨーク株式相場は高く推移しました。ダウが269ポイント(1.03%)上昇したほか、S&P500、ナスダック、中小企業の指数ラッセル2000…
  • 2019.04.12 更新中国、EUの次は日本、米政権が求めるもの日本とアメリカの両政府は、来週初めにワシントンで新たな貿易協定を交渉する初会合を開きます。茂木経済再生担当相が訪米、ライトハイザー通商代表と物品関税の撤廃や削減…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ