2分でわかるアメリカ

2017/04/26歴史的な節目、ナスダック初の6000ポイント台

25日のニューヨーク株式相場が大幅に続伸しました。テクノロジー株の比率が高いナスダック総合株価指数は、心理的な節目の6000ポイントを初めて超えて上昇しました。終値は6025ポイントで、最高値を更新しました。

強い決算発表が相次いだこと、フランスの大統領選や北朝鮮などの政治リスク、地政学リスクの後退、法人税を15%へ引き下げることを含めた税制改革案の骨子をトランプ政権が26日に発表することへの期待など複数の材料が背景です。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、テクノロジー企業が株式市場をけん引していることをナスダックが示したと報じました。アップル、フェイスブック、アマゾン、マクロソフト、そしてグーグルの親会社アルファベットの5社が、ナスダック上昇分の40%に寄与したとしています。

フィナンシャル・タイムズは、「Fang」がナスダックを6000ポイント台に押し上げたと伝えました。「Fang」とは、フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、そしてグーグルの4銘柄の頭文字をとった造語ですが、年初から12%上昇したとしています。投資家が米国債や金などの安全とされる資産から離れたことで、ナスダックは節目達成を果たしたとしています。

フォックスビジネスは、強い決算でムードが改善、ナスダックを初の6000台ポイントに押し上げたと報じました。ナスダックが5000ポイントをつけてから17年で新たな節目に達したとしています。


 [April 25, 2017]  No 031843638

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.20 更新中国当局、投資家の懸念緩和に協調行動中国政府の統計局が19日発表した2018年第3四半期(7−9月)のGDPは前年同月比で6.5%増加しました。エコノミストのコンセンサス予想は6.6%で、それを下…
  • 2018.10.19 更新中国批判強めた為替報告書、日本を引き続き監視アメリカ財務省は17日、主要な貿易相手国、地域の通貨政策を分析した「為替報告書」を発表しました。半期に一度のペースで議会に提出するもので、今回の報告書は4月に続…
  • 2018.10.18 更新注目のFOMC議事録、こう読む※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)FRBが9月25日と26日に開いた前回会合(FOMC)の議事…
  • 2018.10.17 更新失業者数を上回った求人※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカ労働省が16日発表した雇用動態調査(JOLTS)によ…
  • 2018.10.16 更新米株式相場はどこへ向かう※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(15日更新)はこちら(マイページへログイン)長期金利の突然の上昇、米中貿易摩擦の激化への懸念、企業の業績…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ