2分でわかるアメリカ

2016/12/21独トラック突入、まさかの誤認逮捕

19日、3つのテロが起きました。ロシアの駐トルコ大使の暗殺事件、スイス・チューリヒのモスクでの発砲事件、そして、ドイツのベルリン中心部のクリスマス市場にトラックが突っ込み、12人が死亡、48人がケガをした事件。

このうち、無差別テロの可能性が高いベルリンの事件について、欧米メディアがトップ級で詳しく続報しました。

クリスマス市場の人混みに突入した大型トラックの車内でポーランド人の遺体が見つかりました。これとは別に、ドイツ警察はパキスタン人の23歳男性を重要参考人として身柄を拘束。しかし、男性が犯人と確認できる証拠が不十分であるとし、20日午後に釈放しました。トラック内のポーランド人もテロに巻き込まれた被害者の可能性が指摘されています。

ドイツのウェルトは、真犯人が武器を持って逃走中の可能性があるとする治安当局高官の話を伝えました。ウォール・ストリート・ジャーナルは、パキスタン人は鑑識結果と一致しなかったとした上で、トラックを運転していた容疑者が逃亡中だとしています。

ワシントン・ポストは、パキスタン人の容疑者を釈放、捜査が振り出しに戻ったと報じました。ドイツだけでなくヨーロッパ全体で、クリスマス前のホリデームードが怒りに変わったとしています。

フィナンシャル・タイムズは、誤認逮捕されたパキスタン人の男性が難民申請をしていたことから、メルケル首相への批判が高まったと伝えました。難民問題が再びドイツの重要な政治問題になったとしています。

ニューヨーク・タイムズは、大規模な攻撃を受けたフランスとベルギーと並び、テロ攻撃の対象になっているという現実にドイツが直面したと解説しました。
 
 [December 20, 2016] No 0223122

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.17 更新一般教書演説の延期要請の裏側アメリカ民主党のペロシ下院議長は16日、トランプ大統領に書簡を送り、1月29日に予定されている「一般教書演説」を延期するよう要請しました。書簡の中でペロシ下院議…
  • 2019.01.16 更新「NATO離脱したい」ニューヨークタイムズは14日、トランプ大統領が北大西洋条約機構(NATO)から離脱したいとの意向を示していたとする長編の記事を掲載しました。2018年に複数回に…
  • 2019.01.15 更新「米ロ首脳会談が隠蔽された」ニューヨークタイムズは先週末、2017年5月にFBIのコミー長官が解任された後、トランプ大統領がロシアの利益のために行動した疑いでFBIは捜査を始めたと報じまし…
  • 2019.01.12 更新フェイクな非常事態もメキシコとの国境に壁を建設する予算をめぐるトランプ大統領と議会の対立で、双方が歩み寄る兆しが全くありません。9つの省庁、全体の25%にあたる予算が未成立。予算切…
  • 2019.01.11 更新首都ゴーストタウン、投資家やFRBにも影響メキシコとの国境に壁を建設する予算に固執するトランプ大統領と議会が対立、その影響で政府機関の一部は閉鎖されています。土曜日までに予算が成立しなければ、政府閉鎖期…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ